忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「ひらけ!ポンキッキ」よりガチャピンの原画を書き直し、作品を作り直した。

基本的に見たい映画を見に映画館に足を運んでいるのだが、たまに「映画でも見に行こうか」と映画を見ること自体を目的に映画館に足を運ぶこともある。
"Into The Storm"という映画を見に行った。
全米での興収は46百万ドル、CG大作とは言え、有名スターの出演が皆無とあって制作費はかなり低めの5千万ドル、それでも制作費の回収はできなかった。全米以外での興収は1億ドル、まあ世界興収では赤字にならなかったという感じだろう。

IMDbのレイティングは6.2とかなり低めの評価。テレビで見た予告編が実に面白そうだったのだが、映画はさして面白くないかもと思いながら、それでも他に見たい作品もなかったので映画を鑑賞した。

結論から言うと、良い意味で期待を裏切ってくれた作品さだった。

CGを駆使した巨大竜巻は、2D映画だったのだが、それでも映画館で見るとかなりの迫力だったし、映画の脚本もよく書けていた。
派手派手なCG映画でも基本は人間ドラマ、人間ドラマ部分が派手なCGアクション・シーンの繋ぎとして如何に面白いかが映画の良し悪しに係わってくる。映画の冒頭、竜巻がやってくるまで30分弱、多少退屈し始めた頃に竜巻がやってくるので、まあ合格点。後は竜巻に人間ドラマを絡めながら上手く話しを進め、89分という短めの上映時間で余韻を残したまま「あっ」という間に映画が終った印象で、純粋に面白かった。

全米で不発に終わってしまったのが信じられなかった。全米では竜巻は身近で、今更映画で見たくないのかもと思ってしまった。

出演者ではサラ・ウェイン・キャリーズという女優さんをドラマ「ブリズン・ブレイク」で見て知っていた程度。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]