忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


俳優のマット・デイモンを作品化。
個人的には、「オーシャンズ11」辺りから顔を名前が一致するようになったが、よく間違えられるマーク・ウォールバーグといまだに勘違いすることが多い。当り役は「ボーン~」シリーズのジェイソン・ボーンだが、ジェレミーレナーでリブートされてしまった。リブート作がいまひとつの興業だったので、マット・デイモンがジェイソン・ボーンに復帰という噂もある。リブート版も続編の噂があり、どうもシリーズは迷走中のようだ。

結構、出演作を見ており、最近だと「エリジウム」や劇場に足を運んだ「インターステラー」にも出演していた。「トランスフォーマー」の最新作でも見た記憶があったが、こちらはマーク・ウォールバーグ。実兄が「ニューキッズ・オン・ザ・ブロック」にいたのもマーク・ウォールバーグの方。

なんだか、わざわざ混同させているような・・・・・・

今秋、最新作が公開されるようだが、またまた宇宙飛行士役のようだ。2016年には張芸謀監督の最新作「長城」に出演予定となっている。十五世紀の中国を舞台に、長城で怪獣と戦うというようなお話になるらしい。面白そうだ。
PR

女優のエミリー・ブラントを作品化。
個人的に「アジャストメント」という映画で顔と名前を覚えたのだが、出演作を見てみると「プラダを着た悪魔」にも出演している。この映画は見たが、出演していたのを覚えていない。
最近ではトム・クルーズ主演の「オール・ニード・イズ・キル」でアクションにも挑戦し、ヒロインを演じていたのをよく覚えている。
2015年度は「シキャリオ」という犯罪ドラマ映画への主演が決まっているが、他に公開作はないようだ。「バーン・ノーティス」のジェフリー・ドノヴァンが共演予定となっている。

イギリス人の女優さんで1983年生まれというからまだアラサー、正直、もう少し年が行っているのかと思っていた。「若く見える」のではなく、実際に「若い」のにちょっとびっくり。

"Ex Machina"という映画を見た。
日本公開は未定のようで、DVD/BDスルーとなりそうな雰囲気。まあ劇場に足を運んで見るような派手な映画ではないので、その意味ではレンタルで人気の出そうな作品だ。人工知能を題材にした映画で、美しいアンドロイドが登場する。その印象的なビジュアルに、先ずは惹きつけられる。ネット・ビジネスで大富豪となった創業者が会社のプログラマーを自宅に招き、新たに開発した人口知能のテストを任せるというお話。

本作は2015年4月10日に全米で公開され、興収は25百万ドルだった。限定公開から拡大公開に合わせ最高で全米六位を記録している。とにかく暗くラストまでこれと言って見せ場もない映画なので、最初は当たらないと判断されたが、限定公開してみるとそこそこ評判が良かったので、拡大公開に踏み切った・・・というような感じの映画。

SFホラーに色分けされるような作品、先が読め過ぎる展開はちょっと残念だが、それでもラストが気になって完走できる内容に仕上がっている。レンタルで鑑賞するならお薦めの作品だろう。

女優のキャメロン・ディアズを作品化。
「メリーに首ったけ」でブレイクしたのが1998年、結構出演作を見ている女優さんで、この人と「プリティ・ウーマン」でブレイクしたジュリア・ロバーツは、前述の出演作を見た時に「売れる」と思った。代表作は「チャーリーズ・エンジェル」ということになるのだろうが、少々作品に恵まれていない印象。作品に恵まれれば、「ラブコメ女王」と呼ばれたかもしれない。

最近見た作品は何だろうと思って調べてみると、2011年公開の「グリーン・ホーネット」まで遡ってしまった。最近は少々ご無沙汰している。

知らなかったが、今年1月にロック・バンド、グッド・シャーロットのベンジー・マッデンと結婚したようで、2015年はまったく出演作の情報がない。

女優の国仲涼子を作品化。

結構、個人的にはお気に入りの女優さんなのだが、最近はこれと言った主演作がないので、作品を作ることもなかった。ドラマや映画のキャラクター以外にも俳優さん自身の作品も作り始めたので、改めて作品化してみた。

向井理との結婚で一躍時の人となったが、もともとが国民的ドラマだった「ちゅらさん」出身、最近は脇役が多くてちょっと過小評価されていた印象。結婚で向井理の方は、やや逆風が強いようだが、国仲涼子の方はむしろ株を上げたように見えてしまうのだが・・・

「ちゅらさん」はスペシャルまで含めてかなり見ている。「ちゅらさん」以降となると、あちこちで見ている印象なのだが、意外に作品名が出てこず、「結婚できない男」くらいしか思い浮かばない。
ほとんど見ていないが最近ではフジの月9「デート~恋とはどんなものかしら~」に元ヤンキー娘役で出演していた。

「ちゅらさん」ブームの頃に歌手デビューをしている。

西島秀俊を作品化。
西島秀俊の結婚条件には、引いてしまった人も多かったことだろう。まあ、芸能人の結婚なんて、皆言わないだけで相手には相当厳しい条件を心の中で課しているのだろうから、離婚も多いのだと思う。
さて、西島秀俊、NHKの大河ドラマ「八重の桜」で人気に火がついた感じなのだが、個人的にはやはり「ストロベリーナイト」。もともと俳優さんとして知ってはいたが、西島秀俊が演じた菊田は多分ドラマの中で最も感情移入できる登場人物だろう。竹内結子が演じた姫川に対する秘めた想いは、見ていて少々痛々しいほどだった。

その流れで視聴率は振るわなかったが「僕とスターの99日」というドラマも結構お気に入りだった。韓国のトップ女優キム・テヒをヒロインに迎え、人気女優とボディガードの恋をこれまたもどかしく描いたドラマだった。

もどかしい役がよくはまるような・・・

もともと地盤のある俳優さんので、映画の出演作もかなりの数なのだが、上述の「ストロベリーナイト」の劇場版以外、ほとんど出演作を見ていない。「MOZU」に「流星ワゴン」と立て続けに視聴率に恵まれていないが、そろそろ代表作が欲しいところだろう。
|  HOME  |   次のページ >>
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]