忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」よりクリス・パインが演じるジェームズ・カークを作品化。

本作はJ.J.エイブラムス監督作で、J.J.エイブラムスは「スターウォーズ」最新作の撮影中だ。「スター・トレック」と「スター・ウォーズ」の二大スペース・オペラを監督することになり話題となった。差し詰め「ガメラ」と「ゴジラ」の両方を監督した金子監督みたいなものかも・・・・ちょっと違うか。

さて、J.J.エイブラムス監督、ドラマ「LOST」や「FRINGE」、他にも製作総指揮で「Person of Interest」などたくさんのヒット作のある監督さんで、「スピルバーグ二世」の呼び声もあった期待の監督さんだが、映画監督作は、評判とは裏腹に興行は結構寂しい結果になっている。

全米で最も興収の良かった作品が本作「スター・トレック イントゥ・ダークネス」で、全米での興収は2億28百万ドル。但し、本作の制作費は1億9千万ドルで、もう少し興収が伸びて欲しかったところだろう。
世界興収も本作の4億67百万ドルが最高。「E.T.」や「JAWS」をメガ・ヒットさせて時代の寵児となったスピルバーグ監督の足元にも及ばない。

「スター・トレック」シリーズも個人的にはもうひとつ。「ミッション・インポシブル」もJ.J.エイブラムスが監督した三作目よりもブラッド・バードが監督した四作目の方が遥かに面白かった。

後は「スーパー8」が監督作としてある程度。正直、「スター・ウォーズ」の監督としては、適任でdだったのかという危惧がある。
まあ、不安を吹き飛ばしてくれるような傑作を期待している。考えてみれば、もともと「スター・ウォーズ」シリーズは、個人的には世評ほどには乗れなかった映画だった・・・
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]