忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


英ドラマ「シャーロック」よりベネディクト・カンバーバッチが演じるシャーロック・ホームズを作品化。

英国ではシャーロック・ホームズをしのぐ人気があると宣伝文句で言っていた「モース警部」の若き日の活躍を描いた「新米刑事モース~オックスフォード事件簿」の最新Case.6とCase.7がWOWOWで放送されたので鑑賞した。
英国ドラマらしい重厚なつくりのドラマだし、物語が舞台が1960年とちょっと懐かしい「ALWAYS三丁目の夕日」状態のドラマとなっていて、見ごたえ十分。鑑識も今ほど発達しておらず、それこそ指紋程度しか科学捜査がない中、新米刑事のモースが抜群の観察力を駆使して事件を解決に導いて行く。「シャーロック」で英国ドラマにはまった方なら、かなり楽しめるドラマだと思う。

基本的に幾つかの事件が起き、それをモースがほぼ強引に結びつけて行くのだが、周りはなかなかそれを信じようとしない。多少的外れなところはあっても、最後にはモースが事件の関連性を見事に証明して見せてくれる。

上質なミステリー・ドラマに仕上がっている。

英国ドラマは、一話は二時間スペシャルの長さだが、一シリーズが二・三話という短さ。二話連続放送だったので、あっという間に見終わってしまい、「もっと見たい」という願望だけが残ってしまった。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]