忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


1998年公開のローランド・エメリッヒ版のゴジラの原画を書き直し、作品を作り直した。「これがゴジラ?!」と評判の悪かったハリウッド版一作目、正直作品を作り直すかどうか迷ったが、個人的には意外にお気に入りの一作だったりするので、作り直すことにした。

ギャレス・エドワーズ版「ゴジラ」の方は、2018年に続編が公開されること、モスラ、ラドン、キングギドラが登場すると思われることが分かっているが、その後追加情報は流れていないようだ。

日本でも公開が終わっているので、改めて2014年版の世界興収を見てみると、5億25百万ドルとなっている。制作費は1億6千万ドルの超大型バジェットの映画だったが、全米の興収2億で十分回収が終わっている。
海外では本家日本が一番興収が良かったと言いたいところだが、二番目の興収となっている。日本での興収は30億円前後だったようだが、その倍以上を中国で稼ぎ出している。第三位に英国が入っているのもちょっと意外。

中国では2014年度国内興行成績第15位にランクしており、既に師走のこの時期なので、この先順位はそう大きく変わらないだろう。

権利の問題などあるのだろうが、日本製の怪獣映画もまた見てみたいものだ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]