忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画監督のJ.J.エイブラムスを作品化。
今年は年末に「スターウォーズ」の最新作エピソード7の公開が決まっており、J.J.エイブラムスが「スタートレック」に続いて人気シリーズの監督を勤めている。年末公開なのに、既にコマーシャルが流れていたりして、これから年末に向けてお祭り気分が盛り上がって行きそうだ。
そういった意味で時代の寵児、今年の顔とも言え、並み居るベテラン監督を押しのけての作品化となった。

J.J.エイブラムス、「LOST」や「FRINGE」などのドラマでお馴染みなのだが、映画監督としては前にも書いたが少々寂しい興収となっている。全米で最も興収の良かった作品が「スター・トレック イントゥ・ダークネス」の2億28百万ドル、世界興収も同作の4億67百万ドルが最高。
ほかに「ミッション・インポシブル」の三作目や「スーパー8」といった作品が監督作。監督作はどれも見ているが、正直お気に入りの作品がない。かと言ってつまらない訳でなし・・・製作に回った「ミッション・インポシブル4」や「クローバーフィールド/HAKAISHA」の方が面白かった。

先ず間違いなく次回作「スターウォーズ」のエピソード7が自身最大のヒット作となることだろう。興収はさておき、その出来は如何?
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]