忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「古畑任三郎」より西村雅彦が演じた今泉慎太郎を作品化、壁紙も制作した。
西村雅彦と言えば個人的には今泉慎太郎のイメージが強いのだが、ご当人はシリアスな演技を得意とする役者だそうで、確かに今泉慎太郎以外では気難しい人間や悪役が多いような気がする。



先週の全米ボックス・オフィスの興行成績に続いて日本の先週の興行成績の話題を。

初登場第一位を飾ったのは、「仮面ライダー×仮面ライダーオーズ&ダブル feat. スカル MOVIE大戦CORE(コア)」。劇場版もすっかり定着した感じだが、今年は一体何本の「仮面ライダー」の劇場版が公開されたのだろう?子供たちは大喜びだろうが、親は懐具合が心配だったことだろう。

全米で初登場第一位ながら厳しいスタートとなった「トロン:レガシー」は、日本では初登場第四位。最終的に20億円には届かないだろうと言われており、どうやら世界的に大コケになりそうな雰囲気。凝った映像は見応えあるらしいが、如何せん面白くないという評判だ。

そして最も意外だったのが「シュレック・フォーエバー」。「シュレック」シリーズの四作目にして全四部作の最後の作品となる。初登場第五位という出だしで最終的に10億円も厳しい状況。

ちょっと凝って見て、「シュレック」シリーズの全米での興収、全米以外での興収、そして制作費(バジェット)を表にまとめてみた(↓)。「シュレック・フォーエバー」は、日本で公開中なので、まだ最終的な数字ではない。



一目瞭然、興収は二作目をピークに下り坂になっている。とは言え、三作目が全世界で8億ドル、四作目も既に7億ドルを超えるメガ・ヒット作となっている。
制作費も一作目の6千万ドルからニ作目からは1億6千万ドル台に跳ね上がっているが、全米の興収で十二分に回収してしまっている。
シリーズ物の中でも常に安定して利益を生み出す超優良シリーズだと言える。

全米での興収は右肩下がりだが大崩れしていないのは、作品の内容が良いからだろう。個人的には二作目までは見たが、三作目以降は流石に飽きてしまってみていないので、作品の良し悪しは分からないが、少なくとも二作目までは見て確かに面白かった。
シリーズが長く続くとある程度観客に飽きられるのは致し方ないことだろう。

ドリームワークスのCGアニメーションは、ディズニーやピクサーの優良印とは違ってちょっとだけ毒がある。その辺も飽きられると辛いところかもしれない。

四作目は全米ではシリーズ最低の興行収入となってしまったが、全米以外では過去最高の収入を上げそうだ。一体どこでヒットしたのだろうかと調べてみたら、フランスやイギリスと並んでロシア、ブラジルで大ヒットしていた。そう言えば「シュレック」のキャラクターは、不思議とロシアのイメージがある。

この手の家族向けの映画が日本で見事にコケてしまったのは、かなり意外だった。
これからクリスマスに向けて、持ち直すのだろうか?
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]