忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


フジの人気ドラマ「医龍3」より稲森いずみが演じる加藤晶を作品化、壁紙も製作した。
「医龍3」初回視聴率が16.4%と前シーズンの初回21%に比べ低い出だしだったのだが、第三話よりついに12%台の視聴率でうろうろしている。シリーズ最低の平均視聴率となりそうだが、確かに今回は何故かドラマに乗り切れない。
良くも悪くもパターン化されたドラマで、キャストもスタッフもそう変わっていないので、ドラマの質が極端に落ちているとは思えない。とすれば単に飽きてきただけなのかもしれない。

影の薄いドラマの主人公・朝田龍太郎が手術になると暴走モードに突入し、事前に誰にも相談していなかったウルトラCをばしばし繰り出して現場をパニックに陥れる・・・というパターンは今回も健在ではある。「人の命がかかってるんだ、事前にちゃんとスタッフ一同でブリーフィングしておけよ!」的展開が毎度ドラマで繰り返される。

稲森いずみ演じる加藤晶は、今回はものの見事に朝田龍太郎とゾンビ野口との間に挟まれ四苦八苦しており、まさに中間管理職としての悲哀を感じさせてくれる。
稲森いずみ、個人的には代表作は「天気予報の恋人」なのだが、「篤姫」で演じた滝山の演技で再評価されたようだ。確かに「篤姫」の滝山役は凛とした美しさがあって良かった。


もともと医療ものが得意でないこともあって、ついにドラマから脱落してしまい、先週は見ていない。「ドラマの後半、朝田龍太郎が大変なことになる!」というインタビュー記事を読んで「どうなるのだろう?」とちょっと興味があったのだが、先週ちらりと見た予告編で、呼吸器をつけてベッドに横になっていたので、怪我をするということだと分かった。

この先視聴率がウナギ登り・・・なんてことにならない限り、もう見ないような気がする。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
加藤晶いただきます ありがとう。

≫「医龍3」
浮気ものの視聴者代表のような気分ですが
パターンが「安心感」と「満足感」を感じる楽しみがあると同時に
「飽き」も同居しちゃうのよね~
今シーズンは第1話2話で3話~は見てないの。

パターン化してるのに「飽き」させない「水戸黄門」や「相棒」ってすごいのね。
Nezu 2010/11/18 (Thu) 16:30 編集
古畑任三郎
なるほど、そう言えば「古畑任三郎」なんてのも完全なワンパターンでしたが、毎回楽しみにしていました。
そろそろ「古畑」の新作を見てみたいのですが、田村正和、まだ古畑は演じないつもりなのでしょうか?
kwest 2010/11/19 (Fri) 12:54 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]