忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


TBSにて放送中の「ハンチョウ6」より佐々木蔵之介が演じる安積剛志を作品化。
「ハンチョウ」も気がついてみると既にシーズン6、早いものだ。そこまで視聴率が良いとも思えないのだが、随分とTBSには大事にされているようだ。まあ、「ハンチョウ」以外で同時間帯に放送されているドラマは、視聴率がぼろぼろなものが多いが・・・

「るろうに剣心」を鑑賞した。
映画が公開されてヒットしたことは知っていた。原作漫画も少しだけ読んだことがあり、まあ見たかった作品。2012年8月に全国公開され、興収は30.1億円だった。配給はワーナー、なかなか目の付け所が良いようだ。

主演は佐藤健、かなりのアクションをスタント無しで演じているそうだが、まるで香港の功夫映画を見ているような、良い意味で「軽さ」のあるアクション。見ていて結構楽しかった。

監督は大友啓史という人、何とNHK出身、「龍馬伝」の演出をしていた人だそうだ。

映画がヒットしただけあって、なかなか面白い。香川照之が相変わらず濃い演技を見せてくれていて、まさに敵役という感じなのだが、最近ちょっとその過剰な演技が鼻につく時がある。良い意味での脇役を超えているような・・・

ヒロインは武井咲、ドラマではさっぱりだが、映画の方はそこそこヒット作に恵まれているようだ。ただ、もともと好きな女優さんでないせいか、映画の中での存在感が薄いような気がした。もう少し感情移入できるヒロインの方がはらはらどきどきできたような気がする。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
安積剛志いただきます。ありがとう。

≫「るろうに剣心」
漫画の実写版の中では秀逸な出来だと感じているわ。
漫画のどこの方言とも知れない話方そのままでも違和感なく感じられるのは佐藤健だからかも。
香川さんはあの役にぴったりな狂気だったし
藤田(斎藤一)役も格好良く描かれていて♪
時代劇と見るのは疑問だけど ロープアクションの殺陣と見れば久々の痛快娯楽時代劇だったわ。
最近の時代劇は重いものばかりだったので。
Nezu 2013/02/06 (Wed) 09:04 編集
続編
「るろうに剣心」映画もヒットしたし、続編できそうな感じですね。
kwest 2013/02/07 (Thu) 08:36 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]