忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


テレビ朝日系で絶賛放送中の「警視庁捜査一課9係」シーズン10より羽田美智子が演じる小宮山志保を作品化。
4月期のドラマとして放送の始まった「警視庁捜査一課9係」、最近は刑事もののドラマが乱発されていた感じだったのだが、4月期は少ない印象。見るドラマもなくて、定番の「警視庁捜査一課9係」くらい。

「蜩の記」を鑑賞した。
2014年度の邦画興行成績で第27位となる11.2億円の興収を記録している。10億円超が邦画のヒット作の条件とするなら、十分にヒットした作品と言えるだろう。
岡田准一、役所広司、堀北真希と役者も揃っているし、第38回日本アカデミー賞の優秀作品賞も受賞している。原作は、葉室麟で本作で直木賞を受賞している。

藩主の側室との不義密通の罪で10年後の切腹と家譜の編纂を命じられた戸田秋谷という侍が主人公の作品。設定から面白そうで、映画を見る前からとにかく期待値の高かった作品だ。
ところが映画を見ている内に、何かが違う感じが漂い始め、どうにも盛り上がらないまま映画は幕切れを迎えてしまう。印象に残ったのは、堀北真希の清楚さと岡田准一のおでこ程度。藤沢周平作品のような作品を期待していたのだが、似ているようでちょっと違う。

ラストがあれなら戸田秋谷が犯したという側室との不義密通の罪の裏側が、もっともっと意外でないと納得が行かなかった。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]