忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「ラッキーセブン」より仲里依紗が演じ水野飛鳥を作品化。

1976年に公開された「犬神家の一族」を久々に鑑賞した。
市川昆監督の名作で石坂浩二が金田一耕介を演じて大ヒットした作品だ。確か角川映画の記念すべき第一作目の作品だったと思う。本作を機に横溝正史ブームが巻き起こり、次々と作品が映画化されていった。後に市川昆監督が2006年に松嶋菜々子を主演に迎えてセルフ・リメイクをして話題にもなった。その原点となる作品。

当時はそのおどろおどろしい世界観に魅せられたものだが、今となっては懐かしい感じがするだけ。流石に当時の衝撃はすでにない。とは言え本作の市川昆監督の演出は冴え渡っており、随所に「上手いなあ」と思わせてくれるシーンがある。特にラストの高峰三枝子演じる松子が青沼静馬を殺害するシーンは、血吹雪きで凄惨な事件を暗示させてくれる忘れられない演出。リメイク版でも結構きっちり再現されていた・・・ような記憶がある。

改めて見直しと劇中、金田一耕介はかなり鋭い指摘を何度も入れている。まるで犯人が誰なのか分かっているかのようにさえ思え、加藤武演じる「よしっ分かった!」の橘署長と好対照をなして金田一耕介の名探偵振りが強調されているのだが、やはり「それだけ分かっているなら、何で連続殺人を止められなかったのか?」という当たり前の違和感を感じてしまう。それを言っては話にならないのは、分かっているのだが・・・

先日、上川隆也版の「獄門島」を見てから、結末が原作と異なるという劇場版の「獄門島」を見たくて探している。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]