忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


絶賛放送中の「相棒11」より成宮寛貴が演じる甲斐亨を作品化。
年齢的に「相棒」と言うより部下だろう・・・と至極もっともな突っ込みのあった新相棒・甲斐亨だが、思いの外に「相棒」ワールドに馴染んでいるような気がする。丁度、かつての相棒の肉体派の亀山と頭脳派の神戸の間のような存在、多彩な関係者の新登場と合わせて、「相棒」ワールドが益々広がりを見せている。
視聴率の初回19.9%を記録するなど好調なようで、まだまだ「相棒」人気は続きそうで一安心といった感じ。後は時折神戸尊が顔を出してくれれば面白いのだが・・・

映画「デンジャラス・ラン(Safe House)」を鑑賞した。
2012年2月10日に全米で公開され、興行収入1億26百万ドルを記録する大ヒットとなった映画だ。ただ全米以外ではもうひとつだったようで、世界興収は2億ドルとなっている。日本でも興収は5億円に届きそうもないようで、まあ当らなかった映画と言えそうだ。

デンゼル・ワシントンとライアン・レイノルズというやや異色の組み合わせが全米で受けたようで、デンゼル・ワシントンが元腕利きスパイにして、お尋ね者という難しい役どころを演じている。悪役を演じさせても上手い人なので、デンゼル・ワシントン演じるトビンという人物が最後の最後までどういう人間なのか判別つけ難い点が映画の見せ所のひとつだろう。

一方ライアン・レイノルズの方は新米スパイ役とあって映画の冒頭からデンゼル・ワシントン演じるトビンに翻弄され続ける。邦題は「デンジャラス・ラン」というまるで意味不明なタイトルになってしまっているが、原題は"Safe House"、CIAの秘密のアジトのことを指す。この隠れ家が急襲される・・・というお話だということは知っていたので、二人の逃避行から徐々に新米スパイが一人前になって行くというストーリーを想像していた。

まあ、そう外れていないので、予定通りとも言えるが・・・

何となく二人の逃避行が期待と違ってくる辺りからどうにも映画に暗雲が立ちこみ始める。最後は辻褄あわせ的に終わってしまうが、中盤から後半にかけてどうにも暴走がひどい感じだった。途中まで面白かったのでかなり残念。

映画館で見たいようなド派手なアクションがある訳でもなく、話が妙に込み入ってくるので、DVDで鑑賞するには、おあつらえ向きの作品かもしれない。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]