忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「ストロベリーナイト」より西島秀俊が演じた菊田和男を作品化。
ドラマ放送時はずっと見ていたのだが、何故か作品を作ろうとは思わなったのに、夏ドラマであまり作品を作りたいと思えるドラマがないせいか、今になって登場人物を作品化したくなった。となると、やはり西島秀俊演じた菊田は外せないなと原画を起こして作品化してみた。

さて、週明けなので先週末の全米ボックス・オフィスの結果を見てみよう:

順位/先週 タイトル 興収/累計
1 N The Bourne Legacy $40,265,000/$40,265,000
2 N The Campaign $27,440,000/$27,440,000
3 1 The Dark Knight Rises $19,540,000/$390,149,000
4 N Hope Springs $15,600,000/$20,053,000
5 3 Diary of a Wimpy Kid: Dog Days
$8,200,000/$30,554,000
6 2 Total Recall (2012) $8,100,000/$44,188,000
7 4 Ice Age: Continental Drift $6,750,000/$144,064,000
8 7 Ted $3,290,000/$209,915,000
9 6 Step Up Revolution $2,850,000/$30,165,000
11 5 The Watch $2,200,000/$31,374,000
10 8 The Amazing Spider-Man $2,200,000/$255,543,000
※Box Office Mojoより

初登場第一位を飾ったのは、ジェレミー・レナーを主役に迎えてリブートされた「ボーン○×」最新作の「ボーン・レガシー」、4千万ドルの興収を稼ぎ「ダークナイト・ライジング」をついにトップの座から引きずり降ろしての登場となった。
とは言え初週興収4千万ドルは、製作費が1億25百万ドルであることから考えると、かなり厳しいスタートとなってしまった。当然、映画の内容次第で今後興行成績は変わる可能性はあるのだが、出だしだけを見ると製作費を回収するのが難しそうな結果となっている。

「トータル・リコール」は二週目を迎え、第六位に転落、興収は累計で44百万ドルとなっている。こちらも製作費1億25百万ドルの大作映画なのだが、こちらの方は公開初週の興収も26百万ドル止まりだったことより、製作費の回収は難しそうだ。ぼちぼち映画の宣伝をあちこちで見かけて、面白そうではあるのだが、全米では当たらなかったようだ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
菊田和男いただきます。ありがとう。
「ストロベリーナイト」も懐かしいの範疇に?

映画の世界はシビアですね。
「ダークナイト・ライジング」は凄いって事ですね。
Nezu 2012/08/13 (Mon) 22:32 編集
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]