忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「アベンジャーズ」よりマイティ・ソーを作品化。
映画の方もやっと日本でも公開となり、最近日本ではあまり当たらないこの手のアクション・ヒーローものが一体どういう興行成績になるのか結構注目している。

映画「タイタンの逆襲(Wrath of the Titans)」を見た。
「タイタンの戦い」の続編となる映画なのだが、そもそも前作が3D効果で1億3千万ドルの興収を上げることができたとは言え、映画の内容に関してはかなり批判が多く、主演のサム・ワーシントンでさえ失敗作だったことを認める発言をしている。その上で続編が制作されたことに、かなり驚いた。
本作は2012年4月21日に全米で公開され、興収は84百万ドルだった。前作より興収は激減、製作費は1億5千万ドルで前作以上という、まあリベンジも失敗に終わった映画となってしまった。

前作の製作費は発表されていないようだが、1億2千万ドル~1億25百万ドルということで、製作費が増えている分、前作よりもCGシーンが倍増している感じ。前作では正直、巨大サソリの登場シーンが一番面白かったのだが、本作では映画の冒頭から結構見どころが多い。
監督はジョナサン・リーベスマンという人で、「世界侵略:ロサンゼルス決戦」という映画を撮った人。映像に関しては、かなり上手い人だという印象。

でも脚本がまるでダメ・・・

99分の長くない映画で、結構派手派手なCGシーンが満載なのに、映画は終始つまらない。まるで盛り上がらないし、主人公ペルセウスの活躍にも全く感情移入できなくて常に冷めた目線で見ている感じ。ストーリーにひねりもないので、「ロード・オブ・ザ・リング」みたいなお話が延々と続く感じ。当然、「ロード・オブ・ザ・リング」ほどには面白くもない。

流石にもう三作目はないだろう・・・
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]