忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


プロ野球・ヤクルトのマスコット「つば九郎」の原画を書き直し、作品を作り直した。

「クロニクル」という映画を鑑賞した。
全米では2012年2月3日に公開され、興行成績は64百万ドルだった。高校生を主人公にしてハンディカムで撮影された映画なので、制作費はびっくりする程少なくて12百万ドル。最近、流行の超低予算のCG映画だ。世界興収で既に1億2千万ドルを超えており、製作元はうはうはだろう。

内容は結構派手。
三人の高校生が宇宙から飛来した謎の物質に触れたことより、超能力、まあ念力と呼ばれる力を授かってしまう。最初は、いたずら程度の些細なことにしか超能力を使っていなかったのだが、段々超能力が増してくるにつれ、主人公のアンドリューという高校生が暴走を始めてしまう。

映画の序盤、高校生のまあありきたりの日常がたんたんと描かれていて、正直、あまり面白くない。超能力を授かってから少し面白くはなるのだが、それでも映画の中盤あたりまでは結構退屈。80分少々の短い映画なのだが、一時間を越えたあたりからアンドリューが暴走を始めて映画が急に面白くなる。

映画の前半は、かなり辛抱して付き合うしかない。

映画のラストは、ちょっとした怪獣映画を見ている迫力、見ごたえ十分で、この映画が12百万ドルの低予算で製作されたのが嘘のようなクオリティの高さ。まあ多少CGが浮いて見えるシーンもあるのだが、ご愛嬌だろう。

映画を最後まで鑑賞するとラストの迫力で映画に対する印象はかなり良くなる。映画の序盤のかなり退屈な学園ドラマをいかに辛抱できるかが、本作の好き嫌いの分かれ目だろう。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
「つば九郎」いただきます。ありがとう。

≫「クロニクル」
海外物では珍しいストーリーね。
日本のアニメや文庫ならお決まりの展開だけど。
前半「我慢の子」はDVDだと辛いかも。
Nezu 2012/09/23 (Sun) 10:13 編集
アキラ
まあ海外版実写「アキラ」といった感じの映画です。
最後まで見ると面白いですよ。
kwest 2012/09/23 (Sun) 22:27 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]