忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


フランスを代表する俳優ジャン・レノを作品化。先日、「刑事ジョー/パリ犯罪捜査班」というドラマに主演しているのを見て、ジャン・レノを作品化したくなった。とは言えシーズン1で打ち切りになったドラマ、キャラクターを作品化しても分かる人も少ないので、ジャン・レノとして作品化することにした。

但し、衣装は「刑事ジョー/パリ犯罪捜査班」を参考にしている。

「ニキータ」や「レオン」と言った出演作が有名だが、個人的には何故か「ピンク・パンサー」の印象が強い。他に1998年公開のハリウッド版「ゴジラ」でアメリカのコーヒーが不味いとこぼしていたシーンが妙に忘れられない。

もっとも最近は、CMのドラえもん役の印象が強烈なのだが・・・

【「太平輪(上)」鑑賞記・後編】

制作費4億元(約80億円)とアジア映画としては破格の巨大バジェットの作品となっている。二作に分けたのも少しでも投資を回収したかったからだろう。観客の呼べる3D映画となっているが、映画の冒頭の海以外、3D感もあまり感じられない。

金城武と長澤まさみという組み合わせなのだが、金城武が十代の学生を演じていたのには驚いた。若く見えてももう40過ぎ、流石に無理がある。

映画には色々な言葉が出てくる。ソン・ヘギョは中国人役なので、吹き替えなのか綺麗な中国語の共通語をしゃべっていたが、長澤まさみは日本語。本編で舞台が上海だったり台湾だったり、東北地方だったりするので、共通語の他に上海語、福建語が出てくる。金城武は劇中、中国語、日本語に福建語まで流暢にしゃべっている。今回は出番がないが、広東語もかなり上手い。

後編は来年5月の公開らしい。これからジョン・ウーの二部作は前編をDVDで見てから後編を劇場に見に行くようにした方が良いと思い知らされた。「赤壁」はそうしたので、そう不満もなかった。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]