忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」より木村拓哉が演じた古代進を作品化、壁紙も制作した。
今年は映画館まで足を運びたくなるような洋画がなかなか公開されないため、日本で帰省中に見た本作が今年唯一映画館に足を運んで見た映画となっている。

さて、今更だがヤフー!の映画レビューを見に行くと、ずらりと低評価が並んでいて、総合点は2.8点程度。
レビューの総合点で3点を切る映画は低評価だと言っても差し支えないので、映画に対する評価は芳しくなかったようだ。
五点満点の評価には、流石に「それはないだろう」と思ってしまうが、星一つがズラリと並んでいるのを見ると、それはそれで「そんなに酷かった?」とちょっと疑問に思ってしまう。

映画の前半は面白かったと思う・・・

ヤマト・ファンには我慢の出来なかったことが多かったようだが、自分もかなりのヤマト・ファンだったのだが、そんなに不満は感じなかった。ヤマト・ファンと言うよりも松本零士の漫画が好きで、ヤマトよりもキャプテン・ハーロックの方が好きだったからかもしれないが・・・

後半のぐだぐたは確かに頂けなかったが、「日本沈没」を見た時の喪失感に比べると、まだ許容範囲内だった。

キムタク古代についても、色々意見の多いようだが、映画を見に行く前からキムタクが古代進を演じることは分かっていたはずなので、正直「今更」のような気がする。
映画の冒頭は確かに違和感もあったが、その内に慣れてしまった。髪の毛のボリュームは古代進によく似ていると思うが・・・

ヤマトをまるで知らない世代の方が素直に「泣けた」ようだ。
低評価は、期待の裏返しだったということだろう。


今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]