忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画『K-20/怪人二十面相・伝』より怪人二十面相を作品化。
原画を描き始めたのが金城武が演じた遠藤平吉を作品化した後だから、二十面相の作品化に実に一年も費やしたことになる。頭部だけ原画を起こしてから急に制作意欲を失い、書きかけのまま一年放っておいたことになる。

そんな原画を何故今更仕上げようと思ったのかと言うと、映画『K-20/怪人二十面相・伝』が邦画としては珍しく、中国で公開されたからだ。ひとえに主演が中国本土でも抜群の知名度を誇る金城武だからからだろうが、実写の邦画が中国本土で公開されたのは、2006年の秋に北京に赴任して初めてのことだ。無論、香港では普通に実写の邦画も封切られるのだが、中国本土では本当に珍しいことだ。

そんな中国公開を記念して二十面相の原画を仕上げようと思ったのだが、それでもなかなか原画を起こす作業が進まず、そのうちに映画の公開も終わってしまった。やっと原画を仕上げて作品掲載まで漕ぎつけた訳だが、こんなに作品化までに時間がかかった作品は初めてだろう。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
怪人~!
いただきます。ありがとう。

二十面相ってノスタルジー溢れていて
敵なんだけど ヒーロー的存在感なのよね~!
ブキカワ!素敵!
Nezu 2010/04/26 (Mon) 18:44 編集
映画館
『K-20』は、日本でわざわざ映画館に足を運んで見ました。
結構面白い映画でした。
kwest 2010/04/27 (Tue) 23:53 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]