忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「死刑台のエレベーター」より阿部寛が演じた時藤隆彦を作品化。
どうにも阿部寛が映画やドラマに出ていると、直ぐに作品化してしまう傾向があるようだ。
そんなに似顔絵が気に入っている訳ではないが、とにかく掲載作品中、阿部寛関連作品が多い。「トリック」の上田次郎に始まり、ついに阿部寛が演じたキャラ作品五人目となった。

ジェームズ・マカボイ主演で公開される「X-MEN」の最新作、「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」の評判がすこぶる良いようだ。
監督は「キック・アス」で注目を浴びたマシュー・ボーン、「X-MEN」の前章となる本作では、マグニートとプロフェッサーXの若き日が描かれている。人類滅亡計画を阻止する戦いに参加した二人の友情に亀裂が生じていくさまをスリリングに描いてあるらしい。

評論家からは、、「シリーズ最高、またマーベル映画で最高の出来」というコメントも飛び出る程で、よほど映画の出来が良いようだ。
まあ、評論家がけなした映画が大ヒットすることも多くて、それはそれで面白いのだが、こうも評判が良いと期待してしまう。

「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」は6月3日より全米で公開され、6月11日からは日本でも公開予定となっている。

一方、大ヒット上映中の「パイレーツ・オブ・カリビアン4」だが、早々と続編の監督をティム・バートンが務めるのではないかと噂されている。
すでに続編の脚本は完成しており、ジョニー・ディップとの名コンビで有名なティム・バートンが監督候補に上がっているそうだ。
ティム・バートン監督のほかにはも、「スパイダーマン」のサム・ライミ監督、「ナイト ミュージアム」のショーン・レヴィ監督、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督などが候補に挙がっているらしい。

気になったのは最新作を監督したロブ・マーシャルが続編の監督として起用されないこと。ディズニーとしては既に決定事項のようだが、映画の方はメガ・ヒットを記録していおり、ロブ・マーシャル監督の何が気に入らなかったのか不思議だ。ディズニーの目標はもっと高かったということだろうか?やはり全米のオープニング初週の興行成績で、興収1億ドルを越えなかった点がマイナス評価だったのだろうか?

いずれにしろ大人の事情・・・
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
時藤隆彦頂きます。ありがとう。

友人曰く「パイレーツ・オブ・カリビアン4」の人魚がめっちゃ美しいそうです。

ちょっと四国の道後温泉に行って来ました。
地元の友人の歴女(と言うと怒るけど)の案内で歩き回りました。
松山って俳句の歌碑がいっぱいですね。

Nezuの旅行中にUPしてあったCSIも良太郎君も頂いちゃいました。
ありがとうございました。
Nezu 2011/06/05 (Sun) 10:07 編集
道後
日本も随分と暑くなったようですが、四国・道後の旅とは羨ましい限りです。学生時代四国で過ごしたので、松山にもよく行きました。

「パイレーツ・オブ・カリビアン4」本国米国では今ひとつの盛り上がりみたいです。
kwest 2011/06/07 (Tue) 11:28 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]