忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「容疑者Xの献身」より堤真一が演じた石神哲哉の原画を書き直し、作品を作り直した。
映画では堤真一が演じた石神哲哉だが、先日、ネットで「石神哲哉にぴったりなのはカンニング竹山」と書いてあったのを見て、「なるほど!」とうなってしまった。
背中を丸めたり、演技で地味に見せていたのだが、流石に堤真一だと格好良すぎる気がする。

先日鑑賞した映画「白ゆき姫殺人事件」でも井上真央が地味で目立たない事務員を演じていて、これもかなり違和感があった。ドラマで綾瀬はるかがモテない役柄の「きょうは会社を休みます。」も現実感がなさ過ぎると思う。

まあ、面白ければ目くじらを立てる必要もないかも。集客を考えると、有名俳優に頼るのも仕方ないだろう。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
石神哲哉いただきます。ありがとう。
≫カンニング竹山
彼では「やつれ」を感じられないかな?

堤真一のは 個人的には期待していなかったが
映画を見たら 妙になじんで・・・逆に CMを見ても格好良さを思い浮かべられなくなって~!!

意外性のある配役も良いけど
人気で選ばれると 役のイメージが壊れるのは回避したいですね。
Nezu 2014/10/22 (Wed) 19:44 編集
すべてはF
原作未読ですが、「すべてはF~」が原作とイメージが違うとえらく話題になっているみたいですね。
ご無沙汰です 2014/10/23 (Thu) 08:50 編集
是非に!
「すべてはFになる~」

原作 面白いですよ
ちょっと理屈っぽいけど
 この本で16進法計算をやってみたり。。。
なんかのめりこんでしまった本でした。
Nezu 2014/10/26 (Sun) 20:13 編集
ドラマ見ました
やっとドラマ見ました。原作未読だと当たり前ですが違和感はありませんが、フジの刑事物はもうひとつかなと思ってしまいました。
kwest 2014/10/28 (Tue) 09:08 編集
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]