忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「Godzilla (2014)」より渡辺謙が演じた芹沢博士を作品化。

映画は既に鑑賞済みで、鑑賞記は下記に掲載済み(↓)

http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id347810/rid37/p1/s0/c8/

ワールド・ワイドで5億ドルと予想したが、後は日本での興行にかかっている状況。日本以外はそろそろ打ち止めといった感じ。

鑑賞記で書き忘れたことを補足しておくと、IMDbのレイティングは7.2という、あまり芳しくないもの。「ゴジラ」の翌週に鑑賞してかなり面白かったトム・クルーズの「オール・ユー・ニード・イズ・キル」が8.1なので、「まあまあ」といったレベルだろう。
ちなみに今週公開の「トランスフォーマー4」が7.1とまた低い評価。見に行こうと思っていたのだが、ちょっとトーン・ダウンしてしまった。

映画の上映中、周りであくびをしている人が多かった。「ゴジラ」ファン以外にとっては退屈な映画だろうなと思い見ていた。
まあ、「ゴジラ」ファンにとっては、久々のゴジラで、デザインもまあゴジラ、心憎い設定にもなっているし、ラストの怪獣決戦が終わると必然的に満足して劇場を後にできる映画になっている。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
「ゴジラ」
前回のトラウマが・・・

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」
桜坂洋原作のですね。
設定年齢が変わっているとか。

見たいと思っているのは
「マレフィセント」と「トランセンデンス」
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」と「ゴジラ」は考えていなかった。
でも「ゴジラ」期待できそうね。
Nezu 2014/06/30 (Mon) 08:20 編集
今回はそこそこ・・・
「ゴジラ」日本でも間もなく公開ですが、前作よりはゴジラ・ファンに受け入れられると思いますよ。いちファンとして、今回は「ゴジラ」が格好良いので、まあ満足でした。
それでも前作の演出が結構多いのには苦笑(海面が盛り上がったり)。ローランド・エメリッヒ監督、演出は上手かったなと改めて思いました。
kwest 2014/07/04 (Fri) 12:30 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]