忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「悪魔の手毬唄」より石坂浩二が演じた金田一耕助を作品化。

「悪魔の手毬唄」を久しぶりに鑑賞した。
1977年の公開作品。市川崑監督・石坂浩二主演による金田一耕助シリーズの第2作目。



****************************************************
【ネタバレ注意(映画未鑑賞の方はネタバレがありますのでご注意を)】
****************************************************


ネタバレになってしまうが、本作公開時に主演の岸恵子が番宣で「今度は映画で犯人を演じるんですよ」みたいな発言をしてちょっとした騒動になったことを思い出しながら見ていた。折角の熱演も台無し。当時、原作を読んでから映画を見たので犯人は分かっていたのだが、そのことが妙に腹立たしかった記憶がある。そんな思い出もあって、映画公開後、全く見直してこなかった。

原作は横溝正史作品でも出色の出来栄え。映画版は結構突っ込みどころが多い気がした。加藤武が演じる立花警部なんて、それはそれでダメ刑事の見本としてすっかり定着してしまったが、流石にちょっとダメ過ぎる気がする。
演出も冗長だし、「枡ではかって上戸で飲んで」のイメージも滝が妙に立派で、映画で見ると原作のイメージに遠い気がした。

WOWOWで市川崑監督・石坂浩二主演による金田一耕助シリーズの一挙集中再放送があったりして、久々に横溝作品を堪能できた。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]