忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「ツーリスト」よりアンジェリーナ・ジョリーが演じたエリーズを作品化。

「未見なのに見たと言ってしまいがちな映画ランキング」で第一位はフランシス・フォード・コッポラ監督の「ゴッド・ファーザー」だそうだ。
確かに映画好きを公言していると、見ていないと恥ずかしい気になってしまうほど有名な作品だ。「今更見たことがないなんて言えない」という気持ちもよく分かる。

ちなみに「ゴッド・ファーザー」は三部作ともにちゃんと見ており、もうひとすら暗く長かった記憶がある。見てはいるが、個人的にはなかなか「もう一度見たい」とは思えない。
ちなみに「未見なのに見たと言ってしまいがちな映画ランキング」のトップ5は以下五作品:

1.「ゴッドファーザー」(72/フランシス・フォード・コッポラ監督)
2.「カサブランカ」(42/マイケル・カーティス監督)
3.「タクシードライバー」(76/マーティン・スコセッシ監督)
4.「2001年宇宙の旅」(68/スタンリー・キューブリック監督)
5.「レザボア・ドッグス」(91/クエンティン・タランティーノ監督)

「タクシー・ドライバー」はかなり微妙。見たはずだけどはっきりしない。第五位の「レザボア・ドッグス」は見ていない。「カサブランカ」と「2001年宇宙の旅」は何回か見直しているので、どちらもはっきり覚えている。

五作品の顔ぶれを見ていると、いずれも超がつく有名作で、芸術性の高いところがポイントなのかもしれない。個人的に結構トラウマになっている名作映画「カッコーの巣の上で」も同じ範疇に入るだろう。
「アバター」や「タイタニック」「スターウォーズ」はちょっと毛色が違うようだ。


さて、先週末にアメコミ・ヒーロー映画「マイティ・ソー」が全米で公開された。マーヴェル・コミック・ヒーローの映画化で、浅野忠信が出演していることで日本でも話題になっている。1億25百万ドルの制作費をかけた超大作だが、全米での公開初週の興行収入は66百万ドルとかなり微妙な成績に終わってしまった。
とは言え、映画に対する評価は、まあそう悪くなく、順調に興収を伸ばして行けば2億ドルを超えて赤字を回収してしまうことができるかもしれない。

予告編を見た限りでは、かなり微妙。マーヴェルはストーリーに凝るので、予告編を見ただけでは映画の出来まで分からないが・・・
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
エリーズ頂きます。ありがとう

「レザボア・ドッグス」は見ていないわ。
今より映画が娯楽の上位を占めていた為か昔の程見ています。
≫「カッコーの巣の上で」
見た。。。なのに内容は。。。思い出せない!
好みにより 記憶に残るか否かは選別されるのだろう
Nezu 2011/05/12 (Thu) 14:10 編集
ロボトミー
「カッコーの巣の上で」
刑を逃れるために精神病患者を偽って・・・という話でした。
ロボトミー手術が話題になった映画で、当時はぞっとしました。
kwest 2011/05/13 (Fri) 11:16 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]