忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「アジャストメント(The Adjustment Bureau)」よりエミリー・ブラントが演じたエリース・セラスを作品化、壁紙も製作した。
エミリー・ブラントという女優さんを本作で顔と名前を覚えた。ところが調べてみると、「プラダを着た悪魔」で、メリル・ストリープのアシスタント役を好演したことがブレイクにきっかけだそうで、この映画見ているがエミリー・ブラントが出ていたことをよく覚えていない。

他にも出演作を見てみると、「ウルフマン」や「ガリバー旅行記」といった映画に出演していて鑑賞済みなのだが、記憶に薄い。

本作では奔放なようで一途なヒロインを演じており、かなり印象に残る。フィリップ・K・ディックの短編小説「調整班」をほぼ原作通りに映画化してあるそうで、映画は面白い。個人的にはフィリップ・K・ディック原作の映画化はかなりツボにはまるようだ。
今年は「ノミオとジュリエット」というアニメの吹き替え以外に出演作がないようだが、顔と名前を覚えたので、今後注目できそうな女優さんだ。


電脳絵画館用語解説(二)

【メル・ギブソる】(める・ぎぶそ・る)
[動詞]
DV疑惑によりハリウッドの業界人から総スカンを食っているメル・ギブソンから派生した言葉。「墓穴を掘る」の意味もある。
[類義語]
【クリスチャン・ベーる】(くりすちゃん・べー・る)

【ダーク・ナイトな】(だーく・ないと・な)
[形容詞]
全米では大ヒットしたのに、日本ではさっぱり当たらなかったことを表す言葉。
[用例]
◆「ハング・オーバー2」はハリウッド製コメディ映画とあって、ダーク・ナイトな結果になりそうだ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Elise Sellasいただきます。ありがとう!

≫【メル・ギブソる】
これは使ってみたいわ~♪
Nezu 2011/09/06 (Tue) 18:26 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]