忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」よりジョニーディップが演じたジャック・スパロウを作品化。
丁度新作第四弾も公開されたので、タイムリーな作品掲載となった。新作を見たらまた作品化を考えたいと思っている。

「ターゲット・ブルー(中南海保縹)」という映画を見た。
ジェット・リー主演で1994年公開という古い作品だ。DVD屋の店頭で見つけて、「ジェット・リーの功夫がキレまくっていた時期の映画だ」と即行で衝動買いしてしまった。
香港駐在中にジャッキー・チェンの古い映画を探して回って鑑賞したことがある。その時、ジェット・リーも古い香港映画を見つけたら見ていたのだが本作は見たことがなかった。

原題の「中南海保縹」の「中南海」は中国政府の要人が住んでいる場所で故宮のすぐ隣にある。「保縹」はボディ・ガードの意味で、英題は"The Bodygard from Beijing"となっている。なんでわざわざ「ターゲット・ブルー」なんて意味不明な邦題をつけたのかよく分からない。

時期的に「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズの後に撮られた映画。まだ二十代とあって、流石に身のこなしが軽い。
ただ、映画の内容的にボディガードの対象となる若い女性とボディガードを演じるジェット・リーが恋に落ちるというお話なので、派手なアクション映画を期待してしまったので、映画の中盤が退屈で仕方なかった。

まあ、期待通り派手な立ち回りがラストに用意されている。
とは言えアクションは基本的に銃撃戦、恋愛映画の内容と合わせてかなり消化不良になってしまった。折角ジェット・リーを起用してアクション映画を撮っているのに、なんか凄い残念な映画。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]