忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「ボーン・アイデンティティ」よりマット・デイモンが演じたジャイソン・ボーンを作品化。
ジェイソン・ボーンの新作第四弾が何と主人公のジャイソン・ボーン抜きで製作されるというニュースを読んで、「じゃあ、当分原画を書き直す機会もないな」と思い、ジェイソン・ボーンの原画を書き直した。
原画は第二作の「~スプレマシー」をベースに過去に製作したのだが、「~アイデンティティ」版でも起こし直して作品化してみた。

最近、暇を見つけては鑑賞しているのが「THE MENTALIST/メンタリスト」のシーズン1。第18話まで鑑賞が終わり、シーズン1は全23話なので残すところ5話となった。

CBI(カリフォルニア州捜査局)の捜査コンサルタントのパトリック・ジェーンが、鋭い観察眼で容疑者の心理を読み取り、事件を解決する刑事ドラマ。主人公のパトリック・ジェーンを演じるのがサイモン・ベイカーという俳優さん、映画「プラダを着た悪魔」に出演していたそうで映画は見たのだがちょっと覚えていない。主人公が学生時代から憧れていた著名なエッセイスト役で出演していたようだ。
かなりの男前の俳優さんなのだが、見事なくらいに垂れ目、眼を閉じると目を閉じた線が斜めになって垂れ目なのがはっきり分かる。こんなに垂れ目な俳優さんも珍しい。

2008年に全米で放送が始まり、いきなり新作ドラマとしてはNo.1、全ドラマでも第三位となる視聴者数を獲得している。宣伝文句通り「ホームズやコロンボに通じる面白さ」があるドラマだ。名探偵は変人に限るという意味でも期待を裏切らないドラマで、主人公のジェーンは鋭い洞察力を生かして以前は霊能力者としてテレビで活躍していた過去を持つかなりの変人。その言動とジェーンに振り回されるCBIの同僚たちが面白かったりする。

面白くて夢中になっている・・・というのとはちょっと違って、そろそろ「LOST」のシーズン3を見始めたいし、「フリンジ」のシーズン2にも興味があるしで、鑑賞途中で放り出したままになっていた「メンタリスト」を先ずは片付けることにした。
改めて見始めるとまあ確かに面白いドラマではある。ただ、何故かそんなにはまれなくて、コロンボ・テイストの作品なので、NHKあたりで毎週ゴールデン・アワーに放送されていたら、見るような気がする。

日本では11月10日よりシーズン1のBD/DVDボックスのレンタル・販売が開始されるようだ。日本でのレンタル人気を見て、人気になりそうなら作品を作ってみようかと思っている。

ツタヤの海外ドラマの月間ランキングを見ると9月は先日お試しを見て感想を書いた「ライ・トゥ・ミー」が一位になっていた。「フリンジ」のシーズン2もレンタルが始まったようだ。さて、「メンタリスト」の評価は?

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]