忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「スパイダーマンIII」よりジェームズ・フランコが演じたニュー・ゴブリンを作品化。

WOWOWで放送されていた「CSI:ニューヨーク」のシーズン7の放送が終了してしまった。
なんだか随分とメンバーが入れ替わりそうな伏線の張られた最終回だったが、さてどうなるのか?シリーズは、「マイアミ」の制作中止が発表されたが、「ニューヨーク」の方はシーズン9も無事に制作されることになった。意味深な最終回は、打ち切りを見据えてのものだったのかもしれない・・・

代わって放送されるのが「ボディ・オブ・プルーフ」という米ドラマ。「脳神経外科医のキャリアを絶たれた美人女性検死官が難事件の真相を暴く犯罪捜査ドラマ」だそうだ。まあ、面白そうではあるが、検視官が主人公のドラマとなると、また結構グロいドラマなのかもしれない。

さて、シーズン7で最大の話題と言えばステラ・ボナセーラがニューオリンズのCSIに異動になり、代わりにFBIよりジョー・ダンヴィルが赴任してきたことだろう。
ニューヨークのCSIでマックのよき片腕&No.2として活躍してきたステラの異動は、ドラマ開始当初かなり影響が大きいものと思われたが、後任のジョーがうまくステラの抜けた穴を埋めてしまった感じだ。ステラとは違った明るいキャラにしたのが成功の要因だろう。どちらかと言えば重たい雰囲気のあるニューヨークの中で輝いて見えている。

個人的には、ジョーにびしびしと叱りつけられて、ちょっとヘコんでいるマックが見ていて面白い。

全米では放送が終わったばかりだが、シーズン8の放送が待ち遠しい限りだ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]