忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「ブレード・ランナー」よりハリソン・フォードが演じたリック・デッカードを作品化。
前々から「ブレード・ランナー」からデッカード刑事を作品化したかった。1982年公開作品と古いので、資料が手に入らないだろうとはなからあきらめていた。最近、古い映画から作品を作るのに凝っているので、改めて探してみると、結構資料が集まったので、早速作品化してみた。
改めて資料を集めてみると、デッカード刑事、結構イタいファッションをしている。まあ近未来の設定なので、こちらの感覚が古臭いだけなのかもしれないが・・・

米カリフォルニア州知事を退任したアーノルド・シュワルツェネッガーが俳優活動の再開を宣言したのを受け、「ターミネーター5」の企画が動き始めているそうだ。

「ターミネーター4」の興行的な失敗を受け、「ターミネーター」シリーズの権利は競売にかけられ米投資会社が落札した後、目立った動きはなく当面続編の製作はないものとあきらめていたが、シリーズの顔と言うべきシュワルツェネッガーの俳優復帰を受け、周囲がやかましくなってきたようだ。

シュワルツェネッガーの「ターミネーター5」は今更という気もするが見てみたい気もする・・・

米ユニバーサルがシリーズの権利獲得に動いており、監督に「ワイルド・スピード」シリーズのジャスティン・リン、脚本にクリス・モーガンの起用を考えているそうだ。
ジャスティン・リンは、確かに停滞していた「ワイルド・スピード」シリーズを目覚めさせた監督さんではあるが、「ワイルド・スピードX3/TOKYO DRIFT」で一度失敗し、オリジナル・キャストを集めて再チャレンジで成功させたという経緯がある。
クリス・モーガンはその再チャレンジだった「ワイルド・スピードMAX」でジャスティン・リン監督とコンビを組んだ脚本家だ。

ちょっとスタッフも微妙・・・
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]