忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「新・科捜研の女」より内藤剛志が演じる土門薫を作品化。
1月期のドラマはいま一つとあって、再放送されていた「新・科捜研の女」を結構夢中で見ていた。

最近はぱりっとスーツを着てドラマに登場する土門刑事だが、「新・科捜研の女」に登場した頃は随分と柄が悪い。
外見も背広ではなく皮ジャンを羽織っているし、「へえ、こんなだったんだあ」と思って見ている内に「作品化してみようか」と思い立った。
何時もスーツ姿だったので、皮ジャンの土門刑事も返って新しいだろう。

科捜研のメンバーはじめ今のメンバーは「新・科捜研の女」からのメンバーが多く、あまり顔ぶれが変わっていないのだが、土門刑事の部下だけはころころと変わっていて覚えきれない。「新・科捜研の女」では半田健人が土門刑事の部下役で出ていたりした。

「新・科捜研の女」はシリーズ通算第五シーズンに当たり2004年の4月期のドラマとして放送された。
平均視聴率は10.8%と前シーズンの10.2%より少し上がったが、まあ高視聴率とは言えないレベル。最高視聴率を見ても13.1%、最低は悲しいことに初回の9.2%だったので、期待もされていなかったということだろう。

ドラマの質は視聴率に関係なく現シーズンとそう変わらない。科学捜査に使われる器材はどんどん新しくなって来ているので、本作では流石に時代を感じる器材を使っていたりするのだが、推理ドラマとして一級品。相変わらず面白い。

翌2005年より視聴率が上昇を始めるので、低視聴率にもめげずに良く頑張ったものだと思う。

毎年7月期に連続ドラマが放送されているので、今年も楽しみにしているのだが、2008年と昨年は本放送前3月にニ時間スペシャルが放送されている。今年も二時間スペシャルで幕開けとならないだろうか?昨年の二時間スペシャルは16.9%の高視聴率だった。

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]