忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画『アイ・アム・レジェンド』よりウィル・スミスが演じたロバート・ネヴィル博士の原画を書き直し、作品を作り直した。
先日、地上波初放送でやっていた『アイ・アム・レジェンド』を見た。本作は2007年12月に全米で公開され、2億5千6百万ドルを超える大ヒットを記録した。人っ子一人いないニューヨークをCGで描いてあるとあって、製作費に1億5千万ドルかかっており、制作元のワーナーは大ヒットに胸をなでおろしたことだろう。

全米以外での興収も3億ドルを超えており、全米を含む世界興収は5億8千5百万ドルを記録している。日本での興収は43億円だった。個人的に妙にツボにはまる映画で、今回は吹き替え版での鑑賞となったが、変わらず面白かった。自分ではそう思っていないのだが、基本的にゾンビ映画が好きなのだろうか?世紀末を描いた映画は、別に好みではないので。

『28週後・・・』という映画だったと思うが、廃墟と化したロンドンの街が見事に映像化されていて感心したが、本作で表現されている人の居なくなったニューヨークの町並みは更に秀逸。全てCG処理かと思っていたのだが、5番街を200日間区画封鎖して撮影を行ったらしい。無人の街を表現するために、生活の痕跡を徹底的に排除し、更にCG処理が施してあるそうだ。

『地球最後の男』の三度目の映画化作品になるそうだ。過去の二作は見ていない。ウィル・スミス主演で本作の前章となる続編の製作が発表されている。

ウィル・スミスのファンではないが、ウィル・スミス主演の映画は、個人的にツボにはまる映画が多い。『アイ、ロボット』もお気に入りの作品だし、『ハンコック』はわざわざ映画館に足を運んでみた。古いところでは『インディペンデンス・デイ』や続編の製作が決まった『メン・イン・ブラック』も好きな作品だった。

単にSF大作によく出ているだけかもしれないが・・・

今日は、ヤフー!のジオログに新作『ウルトラマンナイス』を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]