忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「ターミネーター2」よりロバート・パトリックが演じたT-1000を作品化。
「ターミネーター」は今年の夏にリブートされ、五作目が公開予定となっている。ロバート・パトリックが演じたT-1000はイ・ビョンホンに変わり再び映画に登場する予定だ。

トニー・ジャー主演の「マッハ!無限大(Tom-Yum-Goong2)」を見た。
2013年の公開作で、トニー・ジャー主演作は、結構マメにチェックして来たのだが、本作は未観賞となっていた。トニー・ジャーは「マッハ!」というタイトルで日本で公開されたOngBakシリーズと像が出てくる「トム・ヤム・クン」シリーズの二大シリーズを持っており、本作は「トム・ヤム・クン」シリーズの二作目なのだが、何故が「マッハ」シリーズに色分けされている。「トム・ヤム・クン」より「マッハ」の方が日本での興収が良かったので、「マッハ」シリーズ最新作にしてしまったのだろう。
という訳で、本作も「トム・ヤム・クン」シリーズとして、またもや奪われた像を巡って、主人公が大活躍というお話になっている。

今回はワイヤー・アクションやCGも使用しているが、基本は見るからに痛そうな生身のアクション中心。タイ映画のアクションは、本当に痛そうだ。また、阿部寛が出演していた「チョコレート・ファイター」という映画でキレキレのアクションを披露してみせてくれたジージャー・ヤーニンという女の子が本作でも痛そうなアクションを見せてくれている。

ストーリーは途中で破綻してしまうのだが、とにかくアクション押しの作品なので、派手なアクションを期待して見ると結構満足度も高い作品。映画としての完成度を求めると、途端に評価は下がってしまうだろう。

トニー・ジャーの次回作は「ワイルド・スピード7」になるらしい。ついにハリウッド進出を果たすことになる。その後は、ドニー・イェン主演で公開された「殺破狼」という香港映画の続編に出演が決まっているようだ。常々、トニー・ジャーには香港映画に出演して欲しいと思っていたので、これも楽しみだ。キャリアの初めは香港映画でのスタントマンだったらしいので、もともと香港映画界とは浅からぬ関係にある。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]