忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


米ドラマ「クリミナル・マイドFBI行動分析課」シーズン6よりトーマス・ギブソンが演じるアーロン・ホッチナーを作品化。

WOWOWで放送中の「クリミナル・マイドFBI行動分析課」シーズン6を鑑賞中、現在全米ではシーズン7が放送中のようだ。
全米での視聴者数のランキングを見てみると;

シーズン1:第28位
シーズン2:第24位
シーズン3:第24位
シーズン4:第11位
シーズン5:第16位
シーズン6:第10位
※ドラマ以外も含む

とランキングを上げてきている。
最新のランキングを見ても、第15位となっており、ドラマに限ると「NCIS」「NCIS:ロサンゼルス」「メンタリスト」「Person of Interest」が「クリミナル・マイドFBI行動分析課」より上位にいるのみ。ちなみに次は「CSI」で第19位にランク・インしている。

全米ではこの手の結構グロいドラマが流行りのようで、日本ではもうひとつ受けないのだが、上質のミステリーである点は「CSI」も同じ。

さて、先日製作費の問題で「24」劇場版の制作が暗礁に乗り上げており、更に主演のキーファー・サザーランドが新ドラマの撮影に入ってしまう為、劇場版の制作は当分先になりそうだとのニュースがあった。
そのキーファー・サザーランドの新作ドラマ「タッチ」の第一話を鑑賞した。

3月に全米で放送が始まったばかりの新ドラマでキーファー・サザーランドの知名度の高さから、世界中でほぼ同時に放送されており、世界中で高視聴率を記録しているようだ。
キーファー・サザーランドは911で妻を亡くしたシングル・ファザーを演じており、自閉症の子供は父親でさえ体を触らせない。ある日、息子が書き連ねる数字が未来を予知していることに気がつき・・・というお話。「HEROS」のスタッフが制作しているドラマだということだが、単に超能力ものではない作りになっている。

良くも悪くもキーファー・サザーランドはジャック・バウワーにしか見えないが・・・

第一話はイントロ部ということもあって、物語の舞台が忙しく交差してかなり忙しい。基本的に何かが起きる訳ではないので、結構退屈なのだが、やがて世界中で起こっている出来事がひとつに繋がってきて、最後にはそこそこ感動もさせてくれる。パイロット版の出来が良いのはよく分かったが、このレベルをずっと維持するのは至難の業かもしれない。

物語の舞台として日本も登場しているが、あまり嬉しくもないエピソードとなっている。

全米でもまだ放送が始まったばかりだが、続けて見てみようかという気になった。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Aaron いただきます。ありがとう。
≫キーファー・サザーランドはジャック・バウワーにしか見えないが・・・
は・は・は!パパ役は同じよね。
DVDになったら見たいわ。
≫「クリミナル・マイド」
少しづつ見ているの。
「CSI」と違った観点からの事件解決は面白いわ。
Nezu 2012/04/10 (Tue) 08:02 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]