忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「刑事コロンボ」よりピーター・フォークが演じたコロンボの新作を製作、作品後期の白髪混じりのコロンボを製作し、壁紙も製作してみた。
久しぶりにコロンボの新作を作ってみたくなり、作品を制作、掲載準備をしていたらピーター・フォークの突然の訃報が飛び込んできた。訃報を聞いて慌てて作品を作った訳ではなく・・・

名優の逝去に合掌。

アルツハイマー症となり、自分が「コロンボ」であることも分からなくなっていたと伝えられていた。最近では、ニコラス・ケイジ主演で2007年に公開された「ネクスト」という作品に出演していたのを見ている。2008年に公開された"American Cowslip"という作品が最後の映画出演作のようだ。


さて、全米では既にサマー・シーズンが始まっており、続々と話題作、超大作が公開されている。先週は、ピクサーの「カーズ2」が公開され初登場第一位を飾った。現時点での今年の全米の興行成績をざっとおさらいしてみることにした。

公開初週の興行成績を比べてみると、最も興収を稼いだ映画は「パイレーツ・オブ・カリビアン4」。公開初週の興収は9千万ドルで本年度第一だが、1億ドルを越えてくれるものと期待されていたようで、早々と続編ではロブ・マーシャル監督がメガホンを取らないことがニュースになって流れていた。

第二位は「ワイルド・スピード5」の86百万ドルで、シリーズ最大のヒット作となっている。

公開初週の成績は、「パイレーツ・オブ・カリビアン4」に及ばなかったものの、全米で本年度No.1ヒットとなっているのが「ハングオーバー2」。興収が2億4千万ドルを越えているが、前作の興収2億77百万ドル越えは難しくなってきている。

アメコミが原作の「マイティ・ソー」「X-メン4」「グリーン・ランタン」の三作が公開されたが、今のところ興収のトップは「マイティ・ソー」。全米での興収は、2億ドルには届きそうもなく、1億8千万ドル台で終わりそうな雰囲気。評判が最も良かった「X-メン4」が興行的に苦戦しており、ちょっと意外な結果となっている。

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Columbo 戴きます。ありがとう。

≫「ネクスト」・・・そういえば出ていた気が。
≫「マイティ・ソー」
北欧神話が題材ね。ちょっと興味深いけど「アイアムナンバー4」も楽しめそうだし。

実写版「るろうに剣心」を以蔵をやった佐藤健に決定とか。
以蔵の好演を見る限り期待できるかも。
Nezu 2011/06/28 (Tue) 16:20 編集
恋愛物
「アイ・アム・ナンバー4」、鑑賞記を読み返すと「ウルトラマン・レベルのお話をいたって真面目に実写で映画化したような感じ」と書いていました。
意外に恋愛物ですよ。
kwest 2011/06/29 (Wed) 11:24 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]