忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「時をかける少女」より原田知世が演じた芳山和子を作品化。
「時をかける少女」もアニメや実写で何度も映画化されているが、今回は角川映画全盛期の原田知世版から作品化してみた。

原田知世版「時をかける少女」が公開されたのが1983年。
当時、新進気鋭の監督だった大林宣彦の「尾道三部作」の二作目となる。角川映画はほとんど原作を読んでから映画を見ているので、ストーリーが分かっており、映画が面白かった記憶があまりない。唯一、薬師丸ひろ子主演で公開された「Wの悲劇」が劇中劇という形で原作が採用されており、映画が面白かった記憶がある。本作も評判の良い作品だったが、個人的にはあまり面白かった記憶がない。

原田知世は薬師丸ひろ子、渡辺典子と並んで「角川三姉妹」と呼ばれ、人気を博した。
デビューは1981年で「セーラー服と機関銃」のドラマ版、そしてドラマ「ねらわれた学園」に主演した後、翌年「時をかける少女」で映画デビューを飾っている。

「ねらわれた学園」って懐かしい・・・

角川事務所を辞めて独立し、「私をスキーに連れてって」などのホイチョイ・ムービーに主演していたあたりまでは記憶にあるのだが、そこから随分長い間メディアでお目にかからなかった。
調べてみると映画の方は出続けていたようで、90年代にも出演作がズラりと並んでいるが、どれも見ていない。

2005年に公開された京極夏彦原作、堤真一主演の「姑獲鳥の夏」に出ていたようだが、あまり覚えていない。2007年公開の「となり町戦争」にも出演しており、こちらの方は「うわっ!原田知世だ、懐かしい」と思ったので、しっかり覚えている。

そう言えば原田貴和子というお姉さんがいたはず・・・

歌手としての活動も続けているようで、2009年に新作アルバムも発売しているようだ。
映画「時をかける少女」の主題歌「時をかける少女」が最大にヒット曲で、松任谷由美の作詞・作曲によるもの。何故か薬師丸ひろ子が歌っていたと勘違いしていた。

薬師丸ひろ子は「セーラー服と機関銃」のほう。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
芳山和子戴きます。ありがとう。

どれも原作を読んでから見た。
「角川」映画は~と文句言いながらだったけど。

「時を駆ける少女」は原田知世の透明感が良かったわ。

ただ。。。
「角川」が作ると
原作の良さが失われてしまう気が。
好みの問題だけど。
Nezu 2011/06/27 (Mon) 22:40 編集
角川映画
角川映画、まあ原作はどれも面白かったと思います。

そう言えば先日見た「死刑台のエレベーター」という映画、角川映画でした。
kwest 2011/06/28 (Tue) 11:52 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]