忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「ダーティ・ハリー3(The Enforcer)」よりクリント・イーストウッドが演じたハリー・キャラハンを作品化。
先日、「ダーティ・ハリー」シリーズを二作目から四作目まで一気に見直して結構面白かったので、最近は007シリーズの見直しにちょっとはまっている。何せ第23作目が製作されようとしている長寿シリーズ、見直し作品には困らない。余談だが、個人的には「インディ・ジョーンズ」シリーズも監督や主役が交代しても良いので、同じような長寿シリーズになって欲しいと思っていた。

現在のダニエル・クレイグで六代目となるジェームズ・ボンド、ランダムにボンド俳優ごとに作品を見直している。
ロジャー・ムーアの「ムーンレイカー」、ピアース・ブロスナンの「ダイ・アナザー・デイ」、ティモシー・ダルトンの「消されたライセンス」と年代も公開順序もお構い無しに節操なく見直している。

初回ショーン・コネリーが作り上げたニヒリストで女好きなれど有能なスパイというジェームズ・ボンド像なのだが、三代目ロジャー・ムーアがやや軽いボンドに方向転換、四代目のティモシー・ダルトンが反対の野性的なボンドを演じ、五代目ピアース・ブロスナンがまたお洒落なボンドに変え、それを更にダイニエル・クレイグが野性的なボンドに戻すという、軽い~重いを行ったり来たりしている。
ダニエル・クレイグの後は、またハンサムで洗練されたボンドになるかもしれない。

なかな初代ショーン・コネリーのような野性味も色気も兼ね備えた俳優は見つからないようだ・・・

「007カジノ・ロワイヤル」のマーティン・キャンベル監督が、自分に代わってマーク・フォースター監督がメガホンをとった続編「007慰めの報酬」を批判して、、「あれはひどかった。ストーリーがつまらなかったし、アクションが登場人物にうまく結びついていなかった。正直、全体的にとっちらかっていたと思うよ」と言ったそうだ。

監督が別の監督の作品を批判するなど、珍しいこともあるものだと思ったが、個人的には「慰めの報酬」は結構ポイントが高いので、ちょっとマーク・フォースター監督が気の毒な気がする。

マーティン・キャンベル監督、アメコミ・ヒーローを映画化した「グリーン・ランタン」という映画が全米で公開され、初登場第一位を記録している。他には前述の「カジノ・ロワイヤル」そして1995年公開の「007ゴールデンアイ」が代表作だろう。
マーク・フォースター監督はまあ新人監督で、初のメジャー映画が「慰めの報酬」。その意味でもベテラン監督の批判は可愛そう。

007最新作はサム・メンデス監督が決まっている。ケイト・ウィンスレットの旦那さん。マーティン・キャンベル監督も「期待している」とコメントしているが、楽しみにしている。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ハリー・キャラハン戴きます。ありがとう。

自分的には≪007≫はやはりショーン・コネリーが頭に浮かびますね~♪

コロンボが。。。
ちょっとショックです。
これでもう彼の「かみさんが~」のせりふの新作は聞けませんね。

ご冥福をお祈りいたします。
Nezu 2011/06/25 (Sat) 21:21 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]