忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


米ドラマ「CSI:マイアミ」シーズン9よりアダム・ロドリゲスが演じるエリック・デルコを作品化。
年明けよりWOWOWで、「CSI:マイアミ」シーズン9に続いて、「CSI:ニューヨーク」シーズン7の放送も始まった。
シーズン6は随分、気になる終わり方だったのだが、流石にすっかり忘れていて、ドラマを見て「あぁ、そうだった」と思い出す始末。

「CSI:ニューヨーク」中の最大の強敵にして連続殺人鬼、ショーン・ケイシーもシーズン跨ぎで登場している。つい先日までこのショーン・ケイシーを演じている俳優さんが、あの「ターミネーター2」でジョン・コナーの少年時代を演じたエドワード・ファーロングだということに気が付いていなかった。人気子役からお決まりの転落人生を送っており、相変わらず私生活ではお騒がせが続いているようだ。

ちょっとショックだったのが、「CSI:ニューヨーク」のNo.2として活躍していたステラ・ボナセーラを演じたメリーナ・カナカレデスの突然の降板。シーズン7撮影開始直前の降板だったようで、降板理由もはっきりとはしていない。
ドラマの冒頭、セラ・ウォード演じるジョー・ダンヴィル捜査官がいきなり登場して驚かされる。

一足早く放送の始まった「CSI:マイアミ」シーズン9の方は、丁度折り返し点を過ぎたところ。相変わらずド派手な銃撃戦が多くて、それはそれでマイアミらしいのだが、CSIの技官が拳銃持って犯人を追い詰める・・・ということは実際にはないそうで、違和感も多い。

日本ではあまり人気のない「CSI」シリーズだが、「CSI」シリーズと並んで全米で高い人気を誇りながら日本では人気が爆発しないドラマに「クリミナル・マインドFBI行動分析課」がある。「CSI」よりも更にグロいとあって、流石にこのドラマは敬遠していたのだが、最近ちょくちょく見るようになってきている。こちらはプロファイリング専門の分析チームが連続殺人犯を追い詰めて行くお話し。
全米ではシーズン7まで放送が終わっていて、シーズン6では視聴者数のランキングで第十位を記録している。CSIを人気面でも逆転しているようだ。

「クリミナル・マインド」を見始めたのは、スピン・オフ・ドラマの「クリミナル・マインド特命捜査班レッド・セル」の方を見始めたから。WOWOWで集中再放送されているので、見たら面白かったので、「クリミナル・マインド」シリーズにも手を広げている。
「CSI」シリーズを見始めたのは本家ラスベガスより先に「CSI:ニューヨーク」を見た始めたからだが、同じようなものだ。

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
エリックいただきます。ありがとう。

ステラの降板か~!
せっかく メインとして存在感が感じられるようになったのに。

≫「クリミナル・マインドFBI行動分析課」
これも面白い!
「クリミナル・マインドFBI行動分析課レッド・セル」はまだ見ていない。

DVDでみたり TVで見たりと「CSI」を見る順番がめちゃくちゃな為 シーズンをまたぐのはちょっと混乱するから個人的には困っちゃう。

日本物にはない緊張感と楽しさがあるので 洋物はやめられない。
Nezu 2012/01/10 (Tue) 10:58 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]