忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


さて、「清明節」の連休で週明けにブログの更新を休んでしまったので、今週はその分週末まで更新を続けてみた。

米ドラマ「CSI:マイアミ」シーズン8よりデヴィッド・カルーソが演じるホレイショ・ケインの新作を制作。
シーズン8の冒頭のエピソードでは、マイアミ・デイト署にCSIが創設される前が舞台となっていて、髪の毛がふさふさしているホレイショが登場する。その他のキャストも軒並み若く、多分、CG処理で若返らせているのだろうが、随分と凝ったエピソードとなっている。
その冒頭のエピソードから若き日のホレイショを作品化してみた。

ただ、実際には「CSI:マイアミ」の放送が始まった頃のホレイショは、確かに今より髪の毛が多いが随分刈上げていた。

「CSI:科学捜査班」のシーズン1を見終わった。
改めて見直してみると、パイロット版として制作された第一話は面白いことは面白いのだが、幾つもの事件が次々と起こり、第一話では解決していない事件が多い。結局、自殺に見せかけた連続殺人事件はシーズンを通して未解決のままになっている。

流石に今見ると科学捜査で使われている機器が古かったりするのだが、ドラマの面白さはミステリーとしての謎解きの面白さでもあるので、あまり古さは感じなかった。
日本で意外なほどに人気がないのがちょっと不思議だ。時に目をそむけたくなる程グロいシーンがあるのが敬遠されている原因かもしれない。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]