忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


米ドラマ「ユーリカ」シーズン2よりコリン・ファーガソンが演じたジャック・カーターを作品化。
個人的には結構ツボのドラマだが、まあ日本での人気はそこそこといった感じのようだ。

本作に「フリンジ」「ヘイブン」と最近は「X-ファイル」系のドラマを見る機会が多い。本作と「フリンジ」は超常現象な事件に一応科学的な解説を試みている点が小同じだが、「ヘイブン」の方はより本家に近い感じ。超常現象は超常現象として扱っているだけ。

さて、BS日テレで放送中の米ドラマ「Terra Nova ~未来創世記」、人の住めなくなった未来の地球から恐竜の闊歩する時代へタイムリープして新しい世界を創設するという壮大なお話。スティーブン・スピルバーグ制作総指揮のドラマとあって、当然「ジュラシック・パーク」な作品を思い浮かべることだろう。

ファースト・シーズンが昨年末に全米で放送されたばかりだが、早々と続編の制作中止が決定された。

期待されていた視聴者数を獲得できなかったことが原因だそうで、通常、視聴率が低いだけならもう1シーズン様子を見たりするのだが、ドラマの枠を超えた製作費の高さが裏目になってしまい、早々と制作中止が決まってしまったようだ。
調べてみると、初回視聴者数は9百万ちょっと、決して悪くない数字なのだが、その後視聴者数を下げてシーズン平均で7.5百万とこちらは決して良くない数字。これで製作費が普通のドラマより高いとなると制作サイドは二の足を踏んでしまうだろう。製作費は一話当たり4億円くらいかかったそうで、普通のドラマの倍近い金額のようだ。

今晩もBS日テレで放送がある。そこそこCGの恐竜も出てくるのだが、基本は人間ドラマ。これがまあ、つまらない。
誰も知らない世界で周囲は謎と危険がいっぱい・・・という設定を想像してしまうが、ドラマでは「テラノバ」は、柵で囲まれた安全地帯でその中の暮らしは現代的。まあジャングルを舞台にしたドラマでたまに恐竜が出てくるとった感じなのだ。
「LOST」と近い世界感なのだが、「LOST」のあの謎めいた雰囲気やサバイバル感が皆無。

シーズン1は、最後のエピソードがシーズン2に続くエピソードになっていると聞いたが、ドラマが尻切れトンボに終ってしまうことになるかもしれない。

米国で人気がなくても海外で人気が高ければ「24」「プリズン・ブレイク」「HEROS」「LOST」のようにそこそこシーズンが続くこともあるが、どうだろう?シーズン1はFOXの制作だったようだが、どこか他局が制作に乗り出すだろうか?

ちょっと微妙・・・

昨年末に全米で放送され、DVDレンタルも始まる前に早々とBSで放送されていたのが不思議だったが、巨額の投資を早く回収したくて、まあ良い値段で売りに出されていたということなのかもしれない。

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Jack Carterいただきます。ありがとう。
≫「ヘイブン」
これは知らなかったわ。
「フリンジ」はDVDが出ると
見ています。
「テラノバ」はただ今録画貯めこんでいます。
Nezu 2012/03/08 (Thu) 20:53 編集
テラノバ
「テラノバ」、昨晩も放送を見ましたが、だんだん見るのが苦痛になってきています。

ふぅ・・・
kwest 2012/03/09 (Fri) 11:00 編集
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]