忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


米ドラマ「キャッスル」のシーズン2よりスタナ・カティックが演じるケイト・ベケット刑事を作品化。
現在、時間を見つけてシーズン3を鑑賞中。連休中にまとめて鑑賞した「チャック」もそうだが、男女のバディものでくっつきそうでくっつかない点は米ドラマのお決まり。「X-ファイル」のモルダーとスカリーもそうだった。

【「アイアンマン3」鑑賞記・前編】

さて、全米のボックス・オフィス、レオナルド・ディカプリオ主演でリメイクされた「華麗なるギャッツビー」を押さえ、「アイアンマン3」が二連覇を飾り、興収を2億85百万ドルまで伸ばしてきている。公開二週目で「オズ」を抜いて2013年度興収第一位となった。
世界興収も9億5千万ドルと10億ドル突破が見えてきている。この先、どこまで興収を伸ばして行くのか注目だろう。

とまあメガ・ヒットとなっている作品とあって週末に映画館に足を運んで鑑賞してきた。2D版もあるようだが、3D版しか上映されていなかったので、3Dでの鑑賞となった。

最近は日本よりも中国の映画市場の方が大きくなっているので、ハリウッド映画に中国人俳優が出演するケースが増えているが、本作でも王学圻という男優さんと範冰冰が出演している。どちらもそう出番は多くなく範冰冰の方はラストにちらりと出演する程度だが、親子ほども年の違う二人が本作での共演を機に噂になっているそうだ。

本作より監督がシェーン・ブラックという人に変わっている。聞かない監督さんだが、2010年公開の「Kiss Kiss, Bang Bang」という映画で主演のロバート・ダウニー・Jr.と一緒に仕事をしている。もともとは人気脚本家だったようで、監督作は本作で二作目、ちなみにハリウッド版「デス・ノート」の監督に決まっているそうだ。
前作までの監督だったジョン・ファブローは本作では制作に名を連ねるだけになっているが、この人、俳優さんでもあり、主人公トニー・スタークの運転手ハッピーを演じている。

本作ではかなり出番も多く、重要な役どころ・・・
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]