忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


英ドラマ「シャーロック」のシーズン2よりベネディクト・カンバーバッチが演じたシャーロック・ホームズを作品化。
日本でもDVDのレンタルが始まって人気になっているようだ。シーズン1はとにかく第一話の出来が良いので、直ぐにその魅力に引き込まれてしまうだろう。

まもなく「バットマン」最新作、「ダークナイト・ライジング」が公開されるが、クリストファー・ノーラン監督の次回作はオリジナルストーリーとなるそうだ。
ノーラン監督作と言えば、英国の名優マイケル・ケインが必ず出演しており、このマイケル・ケインがちょくちょく新作についてコメントしノーラン監督の広告塔のような役割も果たしている。今回もマイケル・ケインが「ダークナイト・ライジング」でシリーズが完結することに対して「監督はもう次のプロジェクトに動き出しています。いくつかアイデアがあるようですし、わたしもそこに参加することは決まっています」と答えている。

クリストファー・ノーラン監督は、「バットマン」シリーズ以外にも「プレステージ」と「インセプション」を発表し、「インセプション」は興行的にも大成功を収めている。既にハリウッドでトップクラスの監督さんとなっており、次回作にも注目が集まっている。

「ダークナイト・ライジング」は今月20日から全米で公開予定となっており、全米では話題作の公開前にトラッキングと呼ばれる調査が行われ、前売り状況などから公開初週の興行成績が予想され、これが結構当たるのだが、「ダークナイト・ライジング」のトラッキング結果によれば、「アベンジャーズ」が記録した2億ドルの更新は難しいが、前作「ダーク・ナイト」が樹立し、「ハリー・ポッターと死の秘宝PART2」が更新するまで週末の興行成績の記録となっていた1億5840万ドルをクリアしそうだということだ。

上映時間は2時間44分と「アベンジャーズ」よりも20分間も長く、3D上映がないことを考えると、前作超えと言うだけでもの凄い記録となる。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]