忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


アニメ「ドラゴンボール」より亀仙人の新作を制作。
主人公の「孫悟空」はまだ作品化していないのだが、亀仙人の方は二度目の作品化。しかも作品化にあたり前回書き起こした原画をかなり書き直して新作を制作してある。どちらかと言えばまるっこいこちらの原画の方のイメージが強い。

さて、週明けなので先週末の全米ボックス・オフィスの成績を見てみよう:

順位/先週 タイトル 興収/累計
1 N Ice Age: Continental Drift $46,000,000/$46,000,000
2 1 The Amazing Spider-Man Sony $35,000,000/$200,900,000
3 2 Ted $22,147,000/$158,993,000
4 3 Brave $10,695,000/$195,596,000
5 5 Magic Mike $9,030,000/$91,850,000
6 4 Savages (2012) $8,735,000/$31,466,000
7 6 Tyler Perry's Madea's Witness Protection
$5,600,000/$55,628,000
8 8 Katy Perry: Part of Me $3,735,000/$18,588,000
9 9 Moonrise Kingdom $3,662,000/$32,427,000
10 7 Madagascar 3: Europe's Most Wanted
$3,500,000/$203,732,000
※Box Office Mojoより

興行がちょっと心配な感じだった「アメージング・スパイダーマン」が公開二週目でいきなりの2億ドル超え。製作費2億3千万ドルを今週中には回収してしまいそうな勢いだ。制作のソニー・ピクチャーズもほっと胸をなで下ろしているところだろうが、実質公開三週目なので、三週目で興収2億ドルは多少期待外れかもしれない。サム・ライミ版の「スパイダーマン」は三作共に全米での興収が3億ドルを突破しており、3億ドル突破がひとつのハードルかもしれない。

「アメージング・スパイダーマン」に代わって首位デビューを飾ったのは、「アイス・エイジ」の新作。二作目からもう見ていないが、四作目となるようだ。オープニング成績としては、シリーズ最低だった三作目の42百万ドルを上回っており、まあ予定通りのスタートと言った感じだ。過去に全米での興収が2億ドルを超えたことがなく、2億ドル超えがひとつの目標だろう。

「メリダとおそろしの森」は公開四週目で興収2億ドル目前、「カーズ2」の興収はすでに超えてしまっているし、製作費の1億85百万ドルも回収してしまっているので、初の女性を主人公とした新作は成功だったと言えるだろう。公開初週は思ったほど興収が伸びずに、ピクサーの新作らしくなかったのだが、後はどこまで興収を伸ばして行けるかという状態になってきた。当面は、同じピクサー映画の「ウォーリー」の興収2億24百万ドルが目標だろう。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
亀仙人いただきます。ありがとう!
「孫悟空」も是非!!
「アイス・エイジ」って人気あるんですね~驚き!
Nezu 2012/07/17 (Tue) 19:32 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]