忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


昭和の「ガメラ」シリーズに登場したギャオスの原画を書き直し、作品を作り直した。

「万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳」を鑑賞した。
綾瀬はるか主演で昨年公開された作品。綾瀬はるか主演作が「ひみつのアッコちゃん」、「リアル」と不振で、本作も興収がいまひとつだったことから、人気に陰りが出て来ていると言われた作品。本作の後にドラマ「今日は会社を休みます。」できちんと視聴率を取ってみせて「綾瀬はるかもまだまだ健在」と証明された格好となった。

ルーブルでロケまで行っており、そこそこ映画のスケールはあるのだが、万能鑑定士振りが示されるのは映画の冒頭とラストの一部、「ダ・ヴィンチ・コード」のように知的好奇心が満たされるような映画を想像していたので、かなり肩透かしを食らった感じ。人気小説が原作とあって二転三転はあるのだが、演出が間延びしていて、いまひとつ最後まで盛り上がらない。

綾瀬はるかに知的な鑑定士役は似合わなかったようだ。セーラー服姿が話題になった高校生時代は、極端に頭が悪かったという設定で、逆にドはまりで笑えた。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ギャオスいただきます。ありがとう。

≫「万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳」
ルーブルは大画面で見たかったけど。。。
DVDを待っていました。

Nezu 2015/02/03 (Tue) 07:27 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]