忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「仮面ライダー」第16話「悪魔のレスラー・ピラザウルス」に登場したピラザウルスを作品化。
「仮面ライダー」も「ウルトラマン」も初期の怪獣や怪人はデザインがシンプルで、印象的なものが多い。気ぐるみ素材が発達するにつれ、複雑な造形の怪獣や怪人を作ることができるようになったが、却ってデザインは後退している気がする。素材に頼らずシンプルでも印象的な怪獣や怪人を想像してもらいたいものだ。

単なる思い入れの差だけかもしれないが・・・

「超高速!参勤交代」を鑑賞した。
松竹映画の時代劇で歴代最高興収を更新した作品だそうだが、宣伝の勝利とも言えるだろう。面白い作品だと思うが、歴代興収第一位と言われると、返って今までまともなヒット作がなかったのかと思ってしまう。「たそがれ清兵衛」なんて名作もちゃんとあるのだが・・・

とは言え映画は軽いノリでさらっと楽しめる感じ。陣内孝則が悪役で良い味を出している。映画全般、どこか漫画っぽくて、その辺が映画が受けた原因かもしれない。

佐々木蔵之介の殿様役も意外に威厳があって良かったし、男だらけの映画に紅一点の深田恭子も華があって良かった。脇役もそれぞれ個性的なのだが、上地雄輔の顎鬚だけが気になって仕方なかった。あの時代、あの顎鬚はないだろう。

これだけ当たると続編もあるのかなと思う。同じ設定での続編は厳しいが、参勤交代出立の日に国元で事件が勃発、殿様は国元で事件の処理に当たり、殿様不在のまま参勤交代の行列が出発、殿様は行列に追いつけるのか・・・なんて参勤交代を題材にした続編なら出きるかなと思う。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]