忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「マグマ大使」よりマグマ大使の原画を書き直し、作品を作り直した。
ご存知原作は手塚治虫、実写版でのテレビ・ドラマ化だったのだが、手塚治虫はその出来栄えにご満悦だったということだ。

アニメと言えばNHKでディズニー・スタジオの密着取材をした番組が放送されていたので、興味深く鑑賞した。全米で「アナ雪」以来となる「ベイマックス」が公開中でまたまたヒットを飛ばしているが、その製作の裏側を密着取材したドキュメンタリー番組だった。宮崎駿の盟友ジョン・ラセターを中心に、番組は構成されていた。

「塔の上のラプンツェル」辺りからディズニー・アニメの復活も本格化した印象。ピクサー作品もディズニー作品として公開されるため、結構ごちゃごちゃになっている。ちなみに、ざっとだが「塔の上のラプンツェル」「シュガー・ラッシュ」「アナ雪」「ベイマックス」がディズニー作品で、「トイ・ストーリー」や「カーズ」、「モンスターズ○×」がピクサー作品となる。

ディズニーとピクサーの両方を統括しているジョン・ラセター監督、最近は製作に回ってばかりで、監督作はと言うと「カーズ1&2」「トイ・ストーリー1&2」「バグズ・ライフ」しかない。ただ、ドキュメンタリー番組を見る限り、随分と細かいところまで製作に携わっているようだ。

さて、全米で公開された「ベイマックス」、全米での興収は既に1億15百万ドルを超えている。これから「ラプンツェル」や「アナ雪」並みのヒット作となるには、途中に一度加速できるかどうかが勝負となりそう。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
マグマ大使 いただきます。ありがとう。

「ベイマックス」アメリカ的で面白そうですね。

でも 最近くまのプーさんが子供の遊び場での使用は不適切と言う国も出てるとか。

ぐんまちゃんも不適切キャラになっちゃうかも!

Nezu 2014/11/27 (Thu) 11:36 編集
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]