忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


高倉健を追悼し、作品を制作。個人的に高倉健と言えばこの作品と言える「幸せの黄色いハンカチ」で演じた島勇作の原画を修正して作品を制作してある。

主にたけしが情報発信元のようだが、最近は高倉健のエピソードが紙面をにぎあわせている。そういったエピソードを読むと高倉健の人間性が垣間見え、つくづく惜しい人を亡くしたものだと思ってしまう。

任侠映画時代は、正直全く世代ではないのだが、「幸せの黄色いハンカチ」以降は、記憶に残る作品に幾つも出演している。「野生の証明」「南極物語」「ブラック・レイン」「鉄道屋」などなど代表作に事欠かないが、中国では何と言っても「君よ憤怒の河を渉れ」が国民の半分が見たと言われるほどのメガヒット映画となっている。

年配の世代では知らない人がいない程の超有名人。昔、とある中国人のファンから最初に「君よ憤怒の河を渉れ」を見た時の衝撃を聞いたことがある。昔のハリウッド映画もそうだが、とにかく美男美女がお伽噺のようなストーリーを繰り広げる映画しか見たことがなかった時代に「汗をかくヒーロー」を銀幕で見たのは衝撃的だったそうだ。「とにかく高倉健が格好良かった」とのことだった。

「君よ憤怒の河を渉れ」は「追捕」というタイトルで中国で公開されているので、最初に映画のタイトルを聞いた時は何の映画なのかなかなか分からなかった。「君よ憤怒の河を渉れ」だと分かって、かなり意外な気がした。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]