忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画『モスラ対ゴジラ』よりモスラの幼虫の動作を変えて作品を作り直した。
『モスラ対ゴジラ』は、1964年に公開されたゴジラシリーズの第4作。モスラが正義の味方、悪役がゴジラとあって、映画のタイトルはモスラが先になっている。1992年には今度はゴジラの名前が先の『ゴジラ対モスラ』が公開されている。

ミラ・ジョボビッチ主演のアクション映画『バイオハザード』シリーズの新作第4弾『バイオハザードIV アフターライフ』が今年の9月10日より全世界同時公開されるようだ。新作は3D映画となる。
監督は、ミラ・ジョボビッチのプライベートでもパートナーであるポール・W・S・アンダーソン、シリーズの生みの親でもある。

新作は、前3部作とは別の新たな3部作の第1弾という位置付けになるそうだ。『バイオハザード』の世界はますます広がって行くようだ。また新作は東京が舞台となるとのこと。

『バイオハザード』シリーズは、第1作の『バイオハザード』が日本で興行収入23億円を記録、第二作『「バイオハザードII アポカリプス』が興収27億円、『バイオハザードIII』は興収28.5億円とシリーズを重ねるごとに興収がわずかだがアップしている。
第1作の『バイオハザード』は33百万ドルの製作費で製作され、全米での興収は4千万ドル、第二弾が45百万ドルの製作費で5千万ドル、第三作もほぼ同じ成績だった。世界興収を見てみると1億ドル→1億3千万ドル→1億5千万ドルとなっているので、全米での興行成績はいまひとつでも、日本を含めて海外での成績の方が軒並み良いようだ。

まあ、映画館に足を運んでまでは見ないだろうが楽しみにはしている。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]