忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「仮面ライダー」より潮健児が演じた地獄大使の原画を書き直し、作品を作り直した。

WOWOWで放送された「主任警部アラン・バンクス2」を鑑賞した。前六話だが、ひとつのエピソードが前後編に分かれているため、第2シリーズは三つのエピソードで構成されている。
最近、注目の北欧ミステリーかと思ったが、こちらは英国ミステリー。米刑事ドラマのような派手さはないが、上質なミステリー作品となっている。英国の作家ピーター・ロビンソンの人気小説のドラマ化だそうで、質が高いのも頷ける。

主人公のバンクス警部、アラ・フィフで長年の経験と勘が頼りの古いタイプの刑事。日本では変人探偵が大流行なので、こういう正統派の刑事ドラマが逆に真新しかったりする。「科捜研の女」の土門薫刑事が主人公のドラマと言えばイメージが近いかも・・・
もっともバンクス警部、結構勘が外れていることが多くて、間違った方向に捜査が進むこともしばしば。何とか最終的に犯人を捕まえているので、「終わりよければ全て良し」と言った感じだが、冤罪で世間から袋叩きに会う人もいて、可愛そうな展開になることもある。

米ドラマでは、最近は犯罪に焦点を当てて登場人物のプライベートを描かないドラマが多いが、このドラマでは主人公アラン・バンクスのプライベートがたっぷりと描かれてある。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]