忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「ゴジラ 2014」よりゴジラを作品化。プロテ星人に続く純新作作品。
米サンディエゴで開催されたコミコンで、「ゴジラ2014」の続編製作が正式に発表されたようだ。スクリーンにはキングギドラやモスラの姿が映し出されたということで、続編への登場が期待されている。東宝との間で権利の問題が片付いたのだろう。監督はギャレス・エドワーズ監督の続投が発表されている。

意外なことにあれだけ評判の悪かった1998年公開のハリウッド版「ゴジラ」だが、日本での興収(当時は配給収入)は51億円のヒット作だったようだ。前作よりは評判の良い2014年版だが、興収51億円はなかなか厳しい数字と言えるだろう。

柳葉敏郎主演のドラマ「あすなろ三三七拍子」、ついに今週放送分は視聴率が3.6%と3%台に突入してしまったようだ。このままでは打ち切りもやむを得ないだろう。折角毎週楽しみにしているのに残念。

米ドラマ"Almost Human"、"Defiance"、"Extant"、"Helix"、"The Strain"の第一話をチェックしたが、その内、"Defiance"は第一話でギブアップ、残りは第二話に進むことにした。人気があれば何時までも続く米ドラマ、日本の漫画週刊誌の連載漫画と一緒できりが無い。途中で鑑賞を止めるにしても「一応シーズンを見終わって一区切りしてから止めよう」なんて思っていると、残り数話の鑑賞が何時までも進まないなんてことになってしまう。

そこで行けるとところまで行って、そこで止めることにした。

先ずは"Almost Human"。こちらは既にシーズン1で放送中止が決まっているので、シーズン1の13話が全てのエピソードということになる。完走もそう難しくない。J.J.エイブラムス+「フリンジ」チームの新作ドラマ。
IMDbのレイティングが8.2と高評価で、これで打ち切りが決まったとなると、ドラマの評判が視聴者数に結びつかなかったようだ。第二話を鑑賞してみたが、正直、第一話より出来が良い感じ。

第三話に進めそうだ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]