忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「仮面ライダ-」第八話「怪異!蜂女」に登場した蜂女を作品化。

「思い出のマーニー」を鑑賞した。
ご存知ジブリ最新作、今後、長編アニメは作らないという話もあるので、最終作となるのかもしれない。
2014年7月に公開され、興収は35.3億円、2014年度邦画興行成績で第9位という成績だった。米林宏昌監督作第二弾で、前作「借りぐらしのアリエッティ」が92.5億円の興収を記録しているので、寂しい興行成績だったとも言えるのだが、いちアニメ作品として見れば、十分な興行成績だったとも言えるだろう。

ジブリ作品は、かなり制作費がかかるようなので、興収は35.3億円では足りなかったのかもしれない。

画質は今までのジブリ作品の中でも一二を争う細かさ、見ていて心地よいほど丁寧に描きこまれてある。一方、主人公である杏奈のひねた性格が、感情移入を拒んでいる感じで、なかなか映画に入り込めない。

ラストは感動もあって泣ける演出にもなっているので、ラストに持って行くまでが本当に惜しまれる。杏奈を取り巻く人間は、皆優しく杏奈を見守ってくれているのに、杏奈一人が拗ねてひねくれているようにしか見えない。どこか杏奈の性格に救いようがあればよかったのだが・・・マーニーとのエピソードももっとマーニーが杏奈を引っ張りまわして、笑わせてくれる演出があっても良かったのではと思う。

映画を最後まで見終わって、映画に対する評価がぐっと良くなる。つくづく途中の演出が悔やまれる。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]