忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「ウルトラマン」より最も初期のAタイプの原画を書き直し、作品を作り直した。

映画「ミニオンズ/Minions」を鑑賞した。
ご存知「怪盗グルー」シリーズでお馴染みの黄色い小人達のキャラクターを主役にした映画だ。先日、テレビでジブリ映画の「もののけ姫」に出て来たコダマがヒントになっていると言っていた。
全米では7月10日に公開され、全米での興収は2億7千万ドルを突破している。二作目「怪盗グルーのミニオン危機一発」の3億68百万ドルには及びそうもないが、かなり近い線まで興収を伸ばして行きそうだ。

IMDbのレイティングは6.8と映画が大ヒットしている割に低い数値となっている。「怪盗グルー」シリーズの一作目が7.7、二作目が7.5なので、前二作と比べても低い数値。でもまあ、映画を見てみると、映画の出来はほぼレイティング通りの出来栄えに思える。

ミニオン達がグルーと出会う前、ボスを探して旅をする話。映画のコマーシャルで使われている場面が、本当に良いところを切り出しており、映画の期待を煽るには十分。あまりハードルを高くして見に行くと、結構がっかりしてしまうかもしれない。「なんか面白そう」程度で見に行けば、「ああ、面白かった」という評価で落ち着くだろう。

「ミニオンズ」のヒットよりも、「ターミネーター」のリブート作がまたまた失敗に終わりそうなことの方が気になっている。こちらの方は未見なのだが、前作「ターミネーター4」の興収1億25百万ドルに届きそうもない。制作費は1億55百万ドル、大赤字映画となりそうだ。
大好きなシリーズがまたコケて、次回作が遠のいてしまった感じで残念だ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Ultraman A-type いただきます♪ありがとう!

≫制作費は1億55百万ドル
制作費の回収はきついのかな?
「昔」面白かった記憶を 新作の評価で上書きしたくない気持ちが沸き起こるかも。
Nezu 2015/07/31 (Fri) 22:27 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]